株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

そもそも株って何?

ニュースなどで、株価などの話題が出ることがあります。
しかし、そもそも株とは何でしょうか?
「株っていったい何なの?」
「株に投資するってどういうこと?」
という疑問にお答えします!

ウシくん

今回は、そもそも株とは何か、ということを説明していきます。
よろしくお願いします!

ブタさん

株とは何か?

チャート

ウシくん

まず、株というのは株式の略で、株式会社が発行するものです。
株式会社は、何のために株式を発行しているのですか?

ブタさん

ウシくん

株式会社は、資金を集めるために株式を発行します。
まず株式をそれだけ発行してどのくらいの資金を集めるかを決めるのですが、その際に気を付けるのが発行する数と保有する割合です。
保有する割合というのは?

ブタさん

ウシくん

例えば株式を1万株発行したとします。
しかし、この株式をすべて資金調達に使うことはできないのです。
なぜかといえば、株式を保有するということは会社のオーナーになるということだからです。

会社のオーナーというのは社長ではないのですか?

ブタさん

ウシくん

社長は、あくまで会社の運営を任されている人です。
その社長を決定したり、会社の運営方針を決定したりする権利を持つのが株式を保有している株主ということになるのです。

それじゃあ、みんながバラバラに指名したらどうなるのですか?

ブタさん

ウシくん

株式は、その保有数がそのまま意見の強さになります。
だから、株式を10%持っている人の意見よりも、20%持っている人の意見が優先されます。
ただし、株式を15%持っている人が10%持っている人の意見に同調した場合は、合計25%分の意見となるのでそちらが優先となるのです。

なるほど。
そうなると、会社の株式をすべて手放してしまうと、会社の運営が人任せになってしまうのですね。

ブタさん

ウシくん

そうです。
それを防ぐために、会社の株式はその過半数を自社、もしくはグループ会社などで保有している場合がほとんどです。

株式投資とは?


それでは株式投資っていうのは何なのですか?

ブタさん

ウシくん

株式投資というのは、利益を得ることを目的として株式の購入や売却をすることです。
株式の利益というのはどういったものですか?

ブタさん

ウシくん

株式は、毎日その価格である株価が変動しています。
その変動を見て、安い時に購入して高い時に売却することで売却益を得る方法や、会社の利益が株式の保有者に分配されるので、それで利益を得る方法があります。

株式の株価はどうすれば高くなるのですか?

ブタさん

ウシくん

簡単にいえば、欲しがる人が多い株式はその株価が高くなります。
反対に、手放す人が多ければ株価は安くなってしまうので、売買するのはタイミングが重要となるでしょう。

株が安くなると利益は得られないのですか?

ブタさん

ウシくん

たとえ株価が下がっていても、利益はしっかりと出ている会社の株式を持っていれば配当は得られますし、株を証券会社から借りて売却し、後日株価が安くなった時に購入して返す、という投資方法もあるので、一概には言えません。
大事なのはタイミングと、株価の動きを予測することです。

まとめ

  • 株は株式会社の資金調達のために発行される
  • 株を持つということは、その数に応じて会社のオーナーになるということ!
  • 株価は、欲しがる人が多ければ高くなり、手放す人が多ければ安くなる

今回は、株と何か?、ということについて説明しました。
株をたくさん持っていると、その会社の経営にも発言権を持つことになります。
また、会社が利益を上げている場合は、持っている株の数に応じた配当金が分配されることもあるでしょう。
株を売買するときは、そのタイミングに注意しましょう。
これからどんどんと価格が上がる株であれば今売るのはもったいないですが、もしも下がってしまったときには「あの時売っておけば」と後悔することになるかもしれません。
株式投資は、そのタイミングを見極めて行いましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください