株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

【簡単3分】株主優待とは?受けられる2つの条件

今回は、ざっくりと「株主優待」について説明します。
「株式投資を始めてみたけど、株主優待ってどうしたら受けられるの?
「何も手続きは必要ないの?」
「そもそも株主優待って何をしてもらえるの?

そんな疑問にお答えします!!

ウシくん

今回は、「株主優待」について説明していきます!
よろしくお願いします!!

ブタさん

株主優待って何?

疑問符

ウシくん

まずは「株主優待」とは、
「株主だけに特典として、自社の商品や、サービスをプレゼントすること」です。
なるほど!!素敵な特典ですね!
株を保有すれば必ずついてくる特典なのでしょうか?

ブタさん

ウシくん

いえ、全ての会社が「株主優待」を行なっている訳ではありません!
現在では、約1000社ほどの企業が「株主優待」を特典として取り入れていますね♪

株主優待ではどんなものがサービスが受けられるの?

ギフト

ウシくん

さて、次は株主優待で提供される商品の種類について説明します!
株主優待で提供される商品は大きく分けて三つ。
  • 自社の商品
  • 自社のサービス
  • その他
なるほど、例えばですが、どんなものが送られるんですか?

ブタさん

ウシくん

そうですね、
クオカード、カタログギフト、お米券、金券などなど。
映画会社だと、映画の無料招待券をもらえたりもします。

珍しいものでは、宝くじが送られてきたりするなど、
本当に会社によって様々な特典がもらえるんですよ。

「株主優待」の調べ方

検索ツール

ちなみにですが、特典は選べたりするんですか?
どうやったら企業の「株主優待」の中身を見ることができるのでしょうか?

ブタさん

ウシくん

もちろん選べます!
証券会社が用意している検索ツールを使いましょう♪
様々な条件で探せたり、ランキングもたくさん用意されているので、
見ているだけでワクワクしますよ!!
本当ですね!一覧を確認してみましたが、
たくさんありすぎて選びきれません!!
何か選ぶ上での注意点ってあったりしますか?

ブタさん

ウシくん

そうですね!
株主優待の内容はよく変更されます!
なので気になった優待の企業のWEBサイトで
今の株主優待と相違ないか最終チェックされることをオススメします!!

株主優待を受け取るための二つの条件

2を表す画像

ウシくん

さらにのですが、
「株主優待」は受け取るための条件、があります。
え!!
株を保有している人なら誰でも受け取れる訳じゃないんですね!!

ブタさん

ウシくん

そうなりますね。
条件は以下の二つです。

株主優待を受けるための二つの条件

  1. 「権利付き最終日」時点で株を保有していること
  2. 株主優待に必要な株数を持っていること

ウシくん

これからこの二つの条件の意味についてそれぞれ説明しますね。

「権利付き最終日」時点で株を保有していること

早速教えてください!!
「権利付き最終日」って何ですか?

ブタさん

ウシくん

「権利付き最終日」とは、
「株主が、その日に銘柄を保有することで株主権利を得ることができる確定日」
のことです。
簡単に言うと、「企業が定めた権利付き最終日に株持っていたら株主として名簿に載りますよ!」という日があって、「その日に株を持っていましょうね。」
と言うことですね。

↓詳しくはこちらをチェック↓
非公開: 権利確定日とは?「権利落ち」や「権利付最終日」についても解説

なるほど!!
「権利付き最終日当日に株を買いました!
そして、その後すぐに株を売りました!」
って場合も
株主優待は受けられるってことですか?

ブタさん

ウシくん

そうですね。
株主名簿に名前が載れば、株主優待の権利が得られます!
「権利付き最終日」の次の日(「権利落ち日」と言います)に株を売ったとしても、株主優待は受けられますので、ご安心くださいね。

株主優待に必要な株数を持っていること

ウシくん

次に「株主優待に必要な株数を持っていること」も必須条件になります。
なるほど!
最小の株数では、「株主優待」は受けられないのですね。

ブタさん

ウシくん

そうなりますね。
また、保有している株数に応じて、特典内容がグレードアップする企業も沢山ありますので、そちらもチェックしておくと良いと思います♪

まとめ

  • 株主優待は検索ツールを使用して選ぼう!
  • 株主優待を受けるためには2つの条件が必要になる
  • 株主優待はよく変更されるので、企業サイトと相違ないかチェックしよう!

今回は、「株主優待」について説明しました!
株主優待の種類は様々
そして、ある一定の条件を満たされなければ、株主優待を受けることができない!ということがわかりましたね。
今後株を始める上で「株主優待を受けてみたい!」という方は、
こちらの内容をしっかりチェックして、選んでみましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪

コメントを残す