株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

「つみたてNISA」の運用商品を変更したい人が注意 したいポイントは? その①

「つみたてNISA」の運用商品の変更は簡単!
ただし“スイッチング”は非課税投資枠の消費に注意

「つみたてNISA」の運用商品を変更することは簡単です。積み立てていた投資信託・ETFの新規購入をストップして、ほかの投資信託・ETFの積み立てをスタートすればいいだけです。「つみたてNISA」で毎年非課税で投資できる金額の上限(非課税投資枠)は40万円ですので、この上限に収まる範囲で投資信託・ETFを購入していれば、銘柄を変えても問題はありません。

しかし、これまで積み立てていた投資信託を売却して、その資金でほかの投資信託を購入する、となると話は別です。保有している投資信託を売却して、その資金でほかの投資信託を購入する(ほかの投資信託に乗り換える)ことを「スイッチング」といいますが、「つみたてNISA」でスイッチングを行うと非課税枠を消費してしまいます。保有している投資信託を売っても非課税枠は戻りませんし、投資信託を新たに購入すれば、その購入金額分の投資枠は消費されてしまうからです。

 

つまり「つみたてNISA」の場合、これから積み立てる投資信託の銘柄を変更することは簡単にできるものの、これまで積み立てた投資信託を別の銘柄に変えることは現実的ではないのです。

「つみたてNISA」は、非課税になる年間の投資金額が40万円までと限られていますから、売って買ってを繰り返したり、リバランス(ポートフォリオの資産配分を売買することで調整すること)をしたりするのには向いていません。ちなみに「iDeCo」(イデコ・個人型確定拠出年金)ならスイッチングが可能です。

新しく気になった投資信託に変更する場合、
これまで購入してきた投資信託は売らずにとっておく!

では、新しく気になった投資信託の積み立てを始めるときは、これまで積み立ててきた投資信託は、売ってしまったほうがいいのでしょうか。

結論からいうと、基本的には売らずにとっておくのがいいでしょう。

「つみたてNISA」で積み立ててきた投資信託は、新規の購入をストップしてもそのまま保有しつづけることができます。そして、購入した年から20年間は、利益にかかる税金をゼロにできます。投資信託をそのまま保有しておけば、今後、値上がりしたときに売却して利益を得られるかもしれません。売ったところで非課税投資枠が復活するわけでもないので、これまで購入してきた投資信託は持ちつづけて、非課税での運用を続けるのが無難な選択です。

もう一つ検討してほしいのが、これまで積み立ててきた投資信託の新規購入を完全にやめるのではなく、金額を減らして継続し、減らした分の金額で別の投資信託を買っていくというやり方です。

「ドルコスト平均法」の効果を考えると、同じ投資信託への積み立てを完全に止めずに、少額でも続けていくという考え方もアリです。一定金額ずつ積み立てる場合、投資信託の価額が高いときには少ししか買えず、価額が安いときにはたくさん買えることになりますので、投資信託の平均購入価格が自然と下がっていきます。この効果により、価額が上がった時に利益を出しやすくなるからです。

 


詳細はこちら↑