株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

株を取引する時、何を重視すればいい?

今回は、株の取引をするときには何を重視したらいいのか、ということを説明します。
「色々な分析をしてみたけれど、結果がバラバラで何を信用したらいいのかわからない!」
「ファンダメンタルズとテクニカルのどっちを重視するべき?」
「どう違うの?」
そんな疑問にお答えします!

ウシくん

今回は、株を取引する際に重視することは何か、という点について説明していきます!
よろしくお願いします!

ブタさん

株を取引する際の分析方法

ウシくん

株を取引する際には、情報を集めてそれを分析するのが一般的です。
その分析方法には、テクニカルとファンダメンタルズという2つの分析方法があるのですが、そのどちらを重視すればいいのか、と悩む人が多いのです。
それでは、2つの分析方法がどう異なるのかを説明していきます。
そもそも株の分析というのは何をするためのものなのですか?
株価さえ見ていればいいのではないのでしょうか?

ブタさん

ウシくん

株価が示すものは、あくまでも今の価格です。
その価格が今後どうなるか、ということを予測するために行うのが、分析です。
その分析を行う際は、テクニカル分析にはそのツールとして移動平均線をはじめボリンジャーバンド、一目均衡表など様々な分析ツールがあります。
また、テクニカル分析の中でもトレンド系やオシレーター系といった分類があります。
それに対して、ファンダメンタルズ分析には分析ツールというものはありません。
ファンダメンタルズ分析は、その性質上ツールを利用するのではなく、様々な情報から将来を予測していくということになります。
そのため、ファンダメンタルズ分析のツールとは分析ツールではなく、情報ツールのことになります。
なんだか難しそうですね。
分析ツールがあるテクニカル分析のほうが簡単にできそうな気がします。

ブタさん

ウシくん

確かに、テクニカル分析には分析ツールがいくつもあります。
しかし、それはそれぞれのツールによって注目するポイントが違うために複数のツールがあるということなので、分析ツールによって得られる答えなどは異なることが多いでしょう。
それでは、どちらを重視するべきなのですか?

ブタさん

株の取引で重視するべきはどちら?

ウシくん

株の取引をする際に、テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを重視するべきか、ということについては、ケースバイケースといえます。
テクニカル分析で得られた予測というのは、これから数日間の株価の動きはどうなるかという短期的なものが多いため、短期の投資についてはテクニカル分析が非常に重要なものとなります。
しかし、今後数か月、数年で株価がどう動いていくかを分析するにはファンダメンタルズ分析が重要になるので、長期的な投資をする場合はファンダメンタルズ分析が大切です。
それでは、投資のスタイルによってどちらかを重視すればいいということになるのでしょうか?

ブタさん

ウシくん

そういうわけではありません。
例えば、テクニカル分析では今後数日株価が上昇しそうだという分析結果だったとしても、ファンダメンタルズ分析の結果によると不安要素があるため、数日のうちに株価が急落するだろうという予測がされることもあります。
ファンダメンタルズを行った結果不安要素がある場合は、短期的な投資であってもすぐにその株を売却したほうがいいこともあるでしょう。
また、長期的な投資においても、株価の変動は日々の積み重ねによるものなので、テクニカル分析を怠ってしまうとファンダメンタルズ分析の結果とは違った方向に株価が動くこともあり得ます。
ですから、どちらも同様に重視していくというのが重要であり、投資スタイルによってわずかに片方を重視するようにするといいでしょう。

まとめ

  • ・株の取引で重視する情報にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析がある
  • ・どちらかを利用するのではなく、両方を併用するのがおすすめ
  • ・投資スタイルによって、どちらを重視するのかが異なる
今回は、株の取引において重視するべきなのは何かということを解説しました。
株の投資においては分析が重要な意味を持ちますが、その際にはテクニカルとファンダメンタルズの両方の分析結果を併用して行うことが重要です。
より正確なデータを得るために、分析はしっかりと行いましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪