株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

「つみたてNISA」の積立金額はいくらにするべきか?その①

「つみたてNISA」(積立NISA)は、本来、投資で得られた利益(運用益)にかかる約20%の税金がゼロになるお得な制度です。この連載では、「つみたてNISA」の特徴を紹介しています。

みなさんは「つみたてNISA」で、毎月いくら積み立てしようと思っていますか? また、すでに「つみたてNISA」を始めている人は、毎月いくら積み立てていますか? 今回は、「つみたてNISA」で積み立てる金額について、「つみたてNISA」の基本の解説と、自分に合った投資金額の考え方をお伝えしたいと思います。

「つみたてNISA」の運用益が非課税になる
投資金額の上限は毎年40万円!

投資の運用益が非課税になる「つみたてNISA」ですが、非課税にできる投資金額(投資枠)の上限は、年40万円までと決められています。

「つみたてNISA」で毎月積み立てる場合、40万円÷12カ月≒3万3333円なので、毎月3万3333円まで、積み立てられることになります。

しかし、実際には、金融機関によって多少違いがあります。

例えば、SBI証券や楽天証券といったネット証券の場合、「100円以上1円単位」で積み立てができるので、毎月3万3333円まで投資できます。一方、多くの銀行では「1000円以上1000円単位」で積み立てをするルール。この場合は、毎月3万3000円までとなります。

「投資枠は年40万円あるのに、これでは投資枠を使い切れない」そう気づいたあなたは鋭いですね。3万3333円ずつ12カ月投資すると、投資金額の合計は39万9996円。3万3000円ずつの場合は39万6000円となります。

そこで、年40万円ピッタリ投資したいなら、「ボーナス月の増額設定」を活用するといいでしょう。「ボーナス月の増額設定」を活用すれば、年に2回まで、一時的に投資金額を増やすことができます。例えば、ふだんは毎月3万円、それに加えてボーナス月(6月と12月)は、5万円ずつ投資金額を増額する設定にすれば、「つみたてNISA」の投資枠の上限である40万円、ピッタリ投資できる、というわけです。

また、「つみたてNISA」を年の途中で始めた場合も、この「ボーナス月の増額設定」を利用すれば、その年の「つみたてNISA」の投資枠を使い切ることができます。

なお、「つみたてNISA」の投資期間は今のところ2018年から2037年までの20年間、非課税投資枠の20年間の合計は800万円までとなっています。各年の非課税投資枠は翌年以降に引き継げませんから、2019年に「つみたてNISA」を始めた人の2037年までの投資枠は760万円、2020年に「つみたてNISA」を始める人の2037年までの投資枠は720万円……と、2037年までの投資枠は年々、減っていくことになります。

「つみたてNISA」は100円から投資できるが
投資資金は多い方が非課税メリットも多くなる

さて、ここまで「つみたてNISA」の投資枠の上限についてお話ししてきました。というのも、お金を増やすということを考えた場合、できるだけ多くの資金で投資をしたほうがいいからです。

例えば、毎月1000円、毎月5000円、毎月1万円ずつ、20年間投資を続け、年利4%の利益が得られたとします。このとき、資産の合計額は、下のグラフのようになります。毎月1000円の場合に比べて、投資金額が5倍(5000円)・10倍(1万円)になれば、当然ながら、利益の額も5倍・10倍になります。

さらに、「つみたてNISA」の場合、本来は運用益に対して課税される約20%(厳密には、20.315%)の税金が非課税になります。そこで、同じ期間、同じ商品を積み立てて運用益が出た場合、「つみたてNISA」への投資額が多いほど非課税になる額も増えることになります。

・毎月1000円・20年間・年利4%で投資した場合
⇒非課税になる税金額2万5754円
・毎月5000円・20年間・年利4%で投資した場合
⇒非課税になる税金額12万8771円
・毎月1万円・20年間・年利4%で投資した場合
⇒非課税になる税金額25万7542円

仮に、毎月3万3333円を20年間積み立て投資し、年利4%の利益が得られたとすると、資産の合計は1222万5699円です。そのうち利益は422万5699円、非課税になった税金の額は85万8450円にもなります。


詳細はこちら↑