株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

大事なのはヒゲと胴体〜ローソク足で株価を追っていく〜

みなさんは、ローソク足についての知識をお持ちですか?
株と縁がないと、何となくではありますが、「ローソク足は、株価の変動を表しているもの」くらいのイメージしかないかもしれません。
これから株を始めたいと思っている人は、株価を知るためにも、ローソク足について勉強しておきましょう。
今回は、ローソク足で株価を追うために必要な基本的な知識について、説明したいと思います。

ローソク足は一定期間の株価の動きを示している


「そもそも、ローソク足がなぜ重要なのか分からない。」
このように疑問に思っている人もいるかもしれませんので、まずは、なぜ重要なのかについてご説明しましょう。

ローソク足は基本的に、ある一定期間の株の動きを表しているもので、取引のタイミングを計る際の目安になります。
株を行っている投資家がTVなどのメディアで取り上げられた際、多数のモニターを前に、株価チャートをチェックしている場面を観たことはありませんか?
その株価チャートを構成している要素の一つがローソク足です。ローソク足は、株などを取引する際の判断基準の一つであると考えても構いません。

したがって、株を行う人にとっては非常に重要なポイントになるのです。

また、株に限らず、FXや商品先物取引等で判断する際にも利用されています。最近では、仮想通貨取引にも利用されています。
これらの投資商品も、価格の動きを読みながら行っていくものなので、取引の判断を下すのにローソク足は有効です。

1つの投資商品でローソク足の見方をマスターしておくと、他の投資商品でも活用することができます。
株以外の投資商品にもチャレンジしたいのであれば、なおさら基本的な知識については押さえておきましょう。

押さえるのはヒゲと胴体の2つ!


ローソク足で最低限知っておくべきことは、ローソク足を構成する「ヒゲ」と「胴体」についてです。
まずは、胴体の部分から説明しましょう。

株価を見る画面にもよりますが、胴体の色分けは2種類あり、一般的には黒と白で表されることが多いようです。また、赤と青などの色で表されることもあり、株価チャートによっては、自分好みの色に変えることもできます。

それぞれの色分けには意味があり、ある期間における株価の変動の状況により、色を変えているのです。

例えば、始めは安く、終わりになると高くなった場合は、胴体が白くなり陽線と呼ばれる状態になります。
それとは反対に、始めは高く、終わりは安くなると、胴体の色は黒くなり、陰線と呼ばれる状態になります。
ローソク足の胴体は、ある一定の期間の始まりから終わりまでの間で、株価がどのように変化したのか…つまり、値上がりしたのか、それとも、値下がりしたのかによって、色が変わるのです。

次は、胴体についている上下の線、「ヒゲ」についてです。
画面を見ていると、長さがバラバラについていて、何を示しているのか分からないという人もいるでしょう。
ヒゲも胴体と同じく、取引されている期間の株価を知るために必要な情報源です。

なぜ、ヒゲの長さが変化するのでしょうか?
それは、取引の時点で、どのくらい株価が上昇したのか、または下降したのかを表しているからです。
一例として、ある期間の取引を考えてみましょう。

期間中、株価は一時的に上がったものの、最高値から少し下がったところで取引が終わりました。
このような場合には、上についているヒゲの長さは短くなります。もしも最高値からかなり下がったところで取引が終わった場合は、ヒゲの長さは長くなります。
したがって、上のヒゲが長くなるほど、株価は上がりにくくなると予想することができるのです。

一方、下にヒゲがある場合も上の場合と同様に考えていいのでしょうか?
その場合は、先ほど紹介した例と考え方を逆にして考えましょう。例えば、下のヒゲが短い場合は、株価が一時的に下がった後、最低値から少し上がったところで取引が終わった、ということになります。下のヒゲが長くなるほど、株価は下がりにくく「底堅い」状態であると考えられます。
紛らわしいかもしれませんが、ヒゲは上下でそれぞれ意味合いが違うので、混乱しないように気を付けたいですよね。

まとめ

今回は、ローソク足で株価を追うために必要な基本的な知識について、説明しました。
今回の記事で紹介した知識は、株だけではなく、FXや商品先物取引など投資全般に応用することができます。
株価を追うためには、ローソク足のヒゲと胴体の特徴を押さえて、状況を読み取っていきましょう。
慣れてくると、状況に応じて様々な変化やローソク足の状態の読み取りが必要になってくるので、常に基本を忘れないようにしたいですね。