株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

【初心者向け】株のスイングトレードの基本について分かりやすく解説します!

今回は、株のスイングトレードの基本について説明していきます。
スイングトレードとは一体どんなものなのか、
スイングトレードをする上でのメリット、デメリットなども合わせてご紹介します!
「これからスイングトレードをしてみたい!」と思っている方、
「株は初心者でスイングトレードについて知ってみたい!」という方も是非、最後まで読んでみてくださいね!

短期売買とは?

パソコンに向かう男性の画像
まず、スイングトレードは、株の売買方法でいう「短期売買」というものに分類されます。
「短期」とは、人によってそれぞれ考え方が違いますが、
株の初心者部では数日~数週間のスパンと設定してご説明していこうと思います。

「短期売買」とは、その名の通り、短期間で収益を狙うトレード手法のことを言います。
テクニカル分析(チャート分析)を主体とする投資家が行うことが多いです。

短期売買の種類は3つに分けられます。

3つのイメージ
短期売買の手法は大きく分けて3つに分類することができます。
それぞれの特徴について説明していきます!

短期売買の種類3つ

  1. スキャルピング
  2. デイトレード
  3. スイングトレード

スキャルピング

こちらは、数分の時間で株をトレードする手法です。
数円ほどの小さな利益を狙い、一日に何度も売買する超短期売買手法です。
この3つの中で最も短期間で利益を狙った方法になります。

デイトレード

1日間で株をトレードする手法です。
基本的には、1日間で、株の売買を行い、取引の次の日に持ち越さずに完了します。

スイングトレード

最後に、今回のテーマとなる「スイングトレード」について説明します。
スイングトレードはこの3つの中で一番期間の長い取引手法で、
数日間~数週間で売買を完了する方法です。

スイングトレードのメリットとデメリットについて

メリット・デメリットと書いた画像
次に、スイングトレードのメリットとデメリットについて説明していきます。
スイングトレードを行うにあったっての参考にしてみてくださいね♪

スイングトレードのメリット

スイングトレードのメリット

  • チャートに1日中貼りつく必要がない
  • 小さな相場の動きには左右されにくい
  • 投資の効果が比較的すぐに出やすい

チャートに1日中貼りつく必要がない

デイトレードとは違い、数日から数週間の取引なので、一日中PCの前にいる必要がほとんどありません。
日中仕事があるサラリーマンなどの副業としても可能な投資方法ですね。

小さな相場の動きには左右されにくい

デイトレードと比べて、瞬時の判断は必要とされないので、
少し相場が動いだだけでは、さほど影響がありません。

投資の効果が比較的すぐに出やすい

長期の投資方法と違って、比較的すぐに利益を得ることができます。
デイトレードや、スキャルピングよりも比較的費やす時間が少ない場合でも
よりも多くの利益を狙うことできますので、
副業として行う方にはもってこいの投資手法ですね♪

スイングトレードのデメリット

スイングトレードのデメリット

  • 取引時間外での予想外のトラブルに巻き込まれかねない
  • ある程度の売買手数料がかかる

取引時間外での予想外のトラブルに巻き込まれかねない

取引時間外に、投資している銘柄の会社が倒産したり、問題を起こした場合、
発表が行われるのは夕方以降になります。
ですので、もし取引に悪影響が出そうなニュースが流れたとき株価が変動したとしても対処が遅れる場合があります。

ある程度の売買手数料がかかる

長期売買と比べて、頻繁に株を売買するため、売買手数料がかさむと考えておきましょう。
スイングトレード・デイトレードなどの短期売買を行う人は
少しでも手数料の安い証券会社を探して利用するのが一番いいかもしれませんね!

スイングトレードの方法・ポイントについて

ポイントの画像

次は、スイングトレードの方法について説明していきます。
トレード手法は人それぞれではありますが、基本的な考え方として、
ぜひ参考にしてみてくださいね♪

日足チャートを基本とする

まずスイングトレートでは、日足チャートを確認するようにしましょう!
数日の取引なのに10年スパンの長期のチャートを見てもなかなか情報をつかみにくいですよね。
もちろん、分析方法は人それぞれなので、「日足チャート」を基本的な指標として、
様々な期間の指標を組み合わせてトレードしてみるといいかもしれません。

買うタイミングは「押し目買い」がおススメ!

上昇トレンドに乗った銘柄は、ずっと株価が上昇するわけではありません。
こちらの株価の性質でも説明していますが、株価は移動平均線にそって、上げ下げを繰り返しています。
こうして、一時的に株価が下がった際に、「買い」を行うことを「押し目買い」と言います。
株価が一時的に下がった際に、株を買って再度上昇したときに、株を「売り」にすれば、収益が出ます♪
押し目買いについてはコチラも参考にしてみてください!

スイングトレードを行う上で整えたい環境4つ

次は、実際にスイングトレードを行う上での環境づくりについて説明していきます!
これだけの環境が整っていれば、快適なトレードを行うことができますね♪

スイングトレードを行う上で整えたい環境4つ

  1. 取引はインターネットが圧倒的におススメです!
  2. 証券会社は複数利用していいとこ取り!
  3. 資金は50万円くらいあるのが理想
  4. 取引ツールを触ってみて慣れるのも大事!

取引はインターネットが圧倒的におススメです!

スイングトレードを行うにあたって、インターネットでの取引が断然おススメです!
取引手数料が、電話取引などと比べて圧倒的に安いからです!
スイングトレードは、長期の投資手法とは違って、頻繁に売買を行うため、
売買手数料を最小限に抑えて、コストを下げるのがおススメです。

口座開設方法についてはコチラの記事も参考にしてみてくださいね♪
売買手数料については価格.comなどを利用して取引手数料を比べてみましょう!

証券会社は複数利用していいとこ取り!

証券会社は一つに絞る必要はありません!
自分にあった投資ツールがある証券会社、取引手数料が安い証券会社など、
複数の証券会社のいいとこ取りをするのがおススメです♪
口座開設だけなら無料で済みますので、ぜひ色んな証券会社を見て、特徴を比べてみることをおススメします!

資金は50万円くらいあるのが理想

スイングトレードをするにあたって必要な資金は大体50万円くらいが理想です!
もっと少額でも投資を行うことはもちろん可能ですが、
金額が少なすぎると投資できる銘柄が限られてくる可能性があります
気になった株を気兼ねなく取引する為にも、50万円くらい用意しておくのがおススメです!

取引ツールを触ってみて慣れるのも大事!

また、取引ツールに慣れておくことも非常に重要です!
証券会社を開設すれば、取引ツールをインストールすることが可能となります。
また、証券口座にお金を入金すれば、株式取引を開始することができます!
実際の取引の際に、あわてたりしないためにも、
取引ツールを実際に開いて、機能や、使用方法を確認し、慣れておきましょう!

証券会社ごとの取引ツールの特徴は、コチラの記事を参照してみてくださいね♪

まとめ

今回は、スイングトレードの基本についてご説明しました!
株の投資手法は、期間が少し違うだけでも特徴が違ってきます。
是非、自分の生活スタイルや、条件にあった投資手法を見つけてトレードに励んでみてください♪
スイングトレードに興味がある方の参考になりますよう願っております♪

コメントを残す