株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

IPO株に当選しないときは“ストップ高比例配分”を狙おう

高確率で大きな利益を上げられる可能性が高いIPO株は、個人投資家にとても人気がありますが、当選しなければ購入することはできません。
なかなかIPO株に当選せず、購入に至らないという方は、1度“ストップ高比例配分”を狙ってみましょう。
今回はストップ高比例配分の概要と、証券会社の選び方について解説します。

“ストップ高比例配分”の概要


ストップ高比例配分とは、ストップ高水準であぶれた売り注文、買い注文の一部を約定させる制度のことを言います。
ちなみにストップ高とは、買い注文が多くなりすぎることによって、売買が成立しない状況のことを指します。
例えばストップ高水準で買い注文が20万株、売り注文が1万株あったとします。
ストップ高比例配分では、この場合に売り注文だけを約定させ、その株数は金融商品取引所によって証券会社に振り分けられます。
振り分けられた株数は、証券会社ごとに異なる配分方法に準拠して、投資家に配分されます。

資金に余裕がある場合は“注文株数優先方式”の証券会社を選ぼう

ストップ高比例配分での当選を狙うのであれば、証券会社ごとに異なる配分方法を理解し、自身の資金状況と相談して証券会社を選ぶ必要があります。
例えばある程度資金に余裕がある方であれば、“GMOクリック証券”の利用がおすすめです。
ストップ高比例配分については、ほとんどの証券会社において、“注文を先に出した人に優先して配分する”という配分方式になっています。
ただGMOクリック証券はそのような方式ではなく、“注文株数が多い人に優先して配分する”という方式が採用されています。
つまり、GMOクリック証券で多くの注文を出すことによって、早く注文を出さなくてもストップ高比例配分の当選率はアップするということです。

少額で狙うなら“時間優先方式”の証券会社!


もし資金に余裕がなく、できるだけ少額からストップ高比例配分の当選を狙う場合は、“マネックス証券”、“SBI証券”を選ぶべきです。
これらの証券会社では、“注文を先に出した人に優先して配分する”という“時間優先方式”が採用されています。
つまり資金に余裕がない方であっても、早く注文を出せば資金力がある投資家との競り合いに勝てる可能性があるということです。

さらに当選率をアップさせるには?

ストップ高比例配分の当選率をさらにアップさせるには、ライバルが少ない“大手以外”の証券会社から申し込むのも効果的です。
また1つの証券会社ではなく、複数の証券会社から注文を入れることでも、必然的に当選率はアップします。
ストップ高比例配分での当選を狙うのであれば、この2つの方法は必ず実践しましょう。

まとめ

なかなかIPO株に当選しない方に向けて、ストップ高比例配分について解説しましたが、いかがだったでしょうか?
ストップ高比例配分は、ストップ高水準で株を購入できるため、翌日に利益確定ができる可能性は高いです。
値上がり益や配当、株主優待を狙う投資だけでなく、ストップ高比例配分の当選を狙う投資も、1つの株式投資の形として覚えておきましょう。