株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

初心者にも、資金が少なめの人にも!10万円以下で買える、株主優待銘柄

株式投資の楽しみの一つが、株主優待です。
これは、株主になってくれた人に対する企業からのおまけのような物ですが、最近では株主優待を目当てに投資をする人も増えています。
そこで今回は、株の初心者におすすめの、10万円以下で買える株主優待銘柄とその内容について解説していきます。

どんなものがもらえるの?


株主優待という言葉は聞いたことがあっても、どんなものがもらえるのかイメージできないという方もいるでしょう。
株主優待でもらえるのは、大きく分けると2つあり、1つはその企業の製品やサービスに関するもの、もう1つは直接その企業とは関係ないものです。

例えば、洗剤のメーカーの株主優待であれば、洗剤セットなどが多いでしょう。
生活に密着したメーカーの場合は、このように生活の中で使うものを株主優待として渡している事が多いのです。
また、飲食店や小売店であれば、そのグループの食事券や割引券などがよく配られています。

その一方で、不動産関係の企業や自動車メーカーなどの場合は、自社製品やサービスというのは利用方法が限定的過ぎて好まれないため、あえて使いやすいクオカードや商品券などを株主優待としている事が多いのです。

10万円以下でもらえるおすすめの株主優待


それでは、10万円以下でもらえる株主優待の中から、特におすすめのものをいくつか紹介していきます。

まず、大手家電量販店のヤマダ電機では、100株以上保有しているとその保有株数に応じて優待券がもらえます。
1枚500円で、3月には2枚、9月には4枚もらうことができます。
ヤマダ電機では、最近日用品も取り扱っているため、家電量販店の中でも使いやすいといえるでしょう。
ヤマダ電機の株は現在530円前後なので、53,000円ほどで株主優待をもらうことができます。

小僧寿しなどもおすすめです。
持ち帰りの寿司店として全国に展開している小僧寿しの株主優待は、500株保有していると100円割引券を100枚、さらにおせちが20%割引となる特別割引券がもらえます。
必要額は現在の株価で23,000円からとなっているので、優待利回りにすると40%以上と他に例を見ないほどの利回りとなっています。

ゴルフをやる人には、ゴルフダイジェストオンラインの株もおすすめです。
6月と12月の年2回、提携ゴルフ場の一部で使えるゴルフ場予約割引クーポンが1,000円相当2枚と、自社のゴルフショップで使える約2,000円分のクーポンが1枚もらえます。
現在の株価が708円で、株主優待をもらうためには100株以上必要なので、必要な金額は70,800円となり、優待利回りにすると10%以上になります。

自社サービス以外の株主優待では、必要金額が30,100円で年1回クオカード3,000円分がもらえるTATERUや、必要金額23,500円で880円相当のおこめ券を3月にもらえる小林洋行などがおすすめです。

株主優待をもらうには?

株主優待をもらうためには、注意点があります。
株主優待は、決められた日に株を必要数以上保有している場合にもらうことができます。

その決められた日のことを権利付き最終日といいますが、その日の市場が終わる時間に100株以上、500株以上と決められた数量以上の株を持っている場合にのみ配布されます。

その日の市場が開いている間に買ってもいいのですが、企業によっては数量以外にも、保有期間半年以上や1年以上というルールが付随している場合もあるので、その点についても確認しておきましょう。
また、株主優待の内容は前年度を参考にしたものなので、中には内容を変更したり、廃止したりする企業もあるということにも注意してください。

まとめ

株主優待は、株の投資をするうえで楽しみにしている人も少なくありません。
投資金額が10万円あればもらえるものもあるので、少額投資をしたい人でも株主優待を意識してみましょう。
ただし、株主優待をもらうためには、権利付き最終日にその株を必要な数量以上保有していることが条件となるので、その日までに手放したりしないように気を付けましょう。