株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

初心者が知っておきたい株式投資のイロハ

これから株式投資を始める初心者の人の中には、株式投資について全く知識がない、という人もいるのではないでしょうか?
株式投資は定期預金などと違い、元本割れする可能性のあるリスク資産ですので、無知のまま取引を始めるのは危険です。
そのため、最低限の知識を持った上で取引する必要があります。

とはいえ、「最低限の知識って、何?」「最低でもどんなことを覚えておけばいいの?」と思う人もいるでしょう。初心者だからこそ、何を知っておくべきか判断がつかない、という面もあるでしょう。
そこで、今回は、初心者の人が知っておきたい株に関する最低限の知識について解説します。

初心者が知っておくべき株の知識


ここからは、初心者が知っておくべき最低限の株の知識を解説します。
決して難しい内容ではないので、しっかり理解しましょう。

株式投資とは、上場企業の株を取引することをいう

そもそも株式投資とは、上場企業の株を売買して利益の獲得を目指す取引です。
ちなみに、株を買えば、その会社の株主になります。
株を買ってそのまま保有しておくことで、配当や株主優待がもらえるケースも多々あります。
また、株主総会に出席することもできます。

株はどこで取引されているのか


株は証券取引所で取引されています。
日本における取引所で最も大きいのは、東京証券取引所です。また、東京証券取引所だけでなく、札幌や名古屋、福岡にも取引所はあります。

株は証券取引所で取引されますが、取引に参加できるのは、証券会社だけです。
そのため、投資家は取引に参加する証券会社に「この会社の株を〇円で×株買って下さい」「この会社の株を×円で〇株売って下さい」という形で注文を出します。

株を取引することで、どんな利益を得ることができるのか

株を取引することで得られる利益には、大きく分けて2つあります。
1つはキャピタルゲイン、もう1つはインカムゲインです。

キャピタルゲインは、株の値上がり益のことを意味します。100円で100株買った株が120円になれば、20円×100株=2,000円の利益が出ますが、この2,000円の利益がキャピタルゲインということになります。
インカムゲインは、株を保有することによって得られる配当のことを意味します。例えばある株を1,000株保有していた場合、1株あたり10円の配当が出れば、10×1,000円=10,000円の配当益を得られることになります。この、10,000円の配当益がインカムゲインということになります。

株はリスク資産

定期預金など違い、株は値下がりすることもあります。そのため、100万円で買った株が、1万円まで値下がりしてしまう可能性もあります。
リスク資産と呼ばれるのは株だけでなく、FXや商品先物取引など、投資商品全般に言えることです。
なお、このようなリスク資産の中でもかなりリスクが抑えられているものは、国債が該当します。国債は元本を日本政府が保証していますので、元本割れになることは基本的にありません。

株について調べるには?


一昔前は、株に関する知識を得るには、本などを見るしかありませんでした。しかし、今はインターネットなどで調べることができます。
様々なサイトがあり、中には非常に詳しく買いてあるサイトもありますので、調べてみると良いでしょう。
また、証券口座を開設したら、その証券会社の方で、初心者向けの株の講座や教育コンテンツを設けている場合もあります。
無料で参加・視聴できるものがほとんどですので、利用すると良いでしょう。

まとめ

株は奥の深い投資商品です。知れば知るほど、新しい発見があります。
その分、初心者にとっては「何から覚えれば良いかわからない」と混乱してしまう原因になります。
今回解説した最低限抑えるべき知識をまずは覚えた上で、株に関する知識を増やし、理解を深めましょう。