株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

効率的に利益を出せる「信用取引」の仕組みを理解しよう

株の取引方法の中に、「信用取引」というものがあります。
信用取引とは、株の買い付けや売り付けに必要な資金や株券などを、証券会社から借りて売買する方法です。
自己資金以上に投資できる事から、うまくいけばより多くの利益が期待できるでしょう。
今回は、そのような信用取引の特徴や注意点について、ご説明します。

信用取引の特徴について


それでは早速、信用取引の特徴についてご説明しましょう。

「信用取引」の最大の特徴は、冒頭でも触れたように、自分の資金以上の株式を運用できるという事です。つまり、資金効率が高いということが最大のメリットです。
レバレッジ効果と言って、例えば50万円の資金では通常50万円までの取引しかできないところを、「信用取引」ならば最大150万円までの取引をする事が可能になります。
もっとも、その分ハイリスクになりますが、予想通りに株価が上昇した場合には通常の3倍もの利益を期待する事ができるのです。

続いて、株価下落時にも利益を出す(空売りする)事が可能な点も、特徴として挙げられます。
空売りとは、証券会社から先に株を借りて売った後に、売った株の株価が下がったところで安く買い戻し、その差額を自分の利益として借りた株を証券会社に返却する事を言います。
通常の株取引では、株を買ってから売るのが一般的ですが、信用取引では株を「売ってから買う」のもOKで、それにより充分な利益を出す事ができます。

このように、信用取引には現物取引とは異なった特徴があり、この特徴を活かすと、より効率的に利益を生み出す事ができるのです。

信用取引で注意しなければならないこと


ここまで、信用取引の魅力的な一面をご紹介しました。
続いては、信用取引における注意点についてご紹介します。

まず、信用取引では清算の義務が原則的に課されます。
信用取引では、元手の資金を証券会社から借りるので、当然のことながら返済する必要があり、その期限が定められています。

返済期限は制度信用取引(証券取引所などの規則で一律に定められる)の場合は、6ヶ月間、一般信用取引(投資家と証券会社とで自由に設定される)の場合は3年、あるいは無期限の返済期限が定められています。

また、証券会社から元手の資金を借りるにあたり、基本的に担保差し入れ(委託保証金)が必要になります。
つまり、持っている資金や株券を担保にするわけです。

もしも、株価が自分のポジションと反対に動き、資金以上の損失が発生した場合、追加で保証金が必要になる「追証」が生じる事もあります。

さらに、買入や売却に必要な代金は基本的に証券会社が預かる事になっているので、株の売買差額の受取りまたは支払い、そして諸費用の支払いを決済のタイミングにまとめて行うのが一般的です。

最後に、注意点の派生として、信用取引で発生しうる費用についてお話ししましょう。

覚えておきたいのは、信用取引でも金利が発生するという点です。
一般的に金利は株式を買う場合には標準的には約3%前後、優遇金利の場合は通常より1%前後となっていますが、現在ほとんどの証券会社ではレートは0%に設定されています。
株式を売る場合には、投資家に対して株式の売却から買入までの期間と約定金額に応じた金利が支払われます。

他にも、「信用取引」の約定金額に対して発生する事務管理費や、株を空売りする時に借りた株にかかる貸株料がコストとしてかかります。また、証券会社の株が不足した際、株を調達するためのコストとなる品貸料が発生します。

まとめ

今回は、信用取引の特徴と注意点について、ご説明しました。
信用取引は、証券会社から株式を借りる事で、現在の自分の資産以上の取引を可能にします。
そのため、効果的に利益を得られるというメリットがあります。
一方、リスクとしては、取引に失敗してしまった場合、その分大きな損失を被ってしまう事です。
これから信用取引を始めたい方々は、取引の仕組みとリスクを充分理解してから挑戦しましょう。