株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

資金を短期間で大きく増やすための鉄則とは!

株というと、最初から数千万円など多額の資金がなければ大きく勝つことはできないと考えている人も少なくはないでしょう。
しかし、中には100万円程度の資金を1年で7倍に増やすことに成功した人もいます。
そういった人の投資方法から、株で資産を倍増させせるための鉄則について学んでいきましょう。

上昇トレンドに乗ることが鉄則!


資産を倍増させるための鉄則の一つが、上昇トレンドに乗って株を買うことです。上昇トレンドの株を見ると、多くの投資家は高値掴みとなることを恐れて手を出すのをためらいがちです。それよりも、下落していく銘柄の下げ止まりを狙おうと考える人が多いでしょう。
しかし、効率的に利益を出したいのであれば、強い値動きで上昇トレンドとなっている銘柄を狙うべきです。その銘柄を判断するために使われるのが、移動平均線です。
移動平均線をチェックする場合、日足チャートで5日移動平均線と25日移動平均線をチェックします。その結果がともに上向きとなっていて、さらに株価がその上にある場合は、底からまだ上昇すると考えます。
逆張りをすると、下げ止まりとならないことも多く、また長期間底に張り付いてしまうこともよく見られます。特に、5日線と25日線の移動平均線を両方とも下回っているような新興市場の銘柄は、保有し続けることが自殺行為となりかねません。
上昇トレンドに乗る場合は、もしも反発してしまった場合でも損切りがしやすいので、我慢強く待ち続ける必要がありません。さらに上昇トレンドの中でも押し目を狙えば、より確実な取引となるでしょう。
ただし、瞬間的に株価が上昇しているイナゴタワー銘柄には注意が必要です。こうした銘柄は暴騰した後すぐに暴落してしまうことが多いので、逃げ遅れてしまうと大きな損をしてしまうでしょう。
イナゴタワー銘柄を判別するためにも、移動平均線が役立ちます。5日線と25日線の両方を割っているようなら、暴落の可能性はかなり高くなります。

国策関連銘柄の中でも、値動きの強い銘柄を狙う

国策に関連した銘柄を狙うと、停滞することが少なくなります。例えば、電気自動車や幼児教育、子育て支援などのテーマに合致するような銘柄が狙い目といえるでしょう。特に、今は人工知能をはじめとした第4次産業革命を目指した成長戦略を推進しているため、それに関連した銘柄を狙ってみてはどうでしょうか・
ただし、テーマには旬があるので、その旬を見極めるのは難しいかもしれません。また、注目されているテーマの銘柄であっても、移動平均線を割るようであればやめておいた方がいいでしょう。
こうしたルールを守ることで、利益を減らすことも少なくなっていきます。

まとめ

株は、定額から始めても大きな利益を狙うことができます。そのためには、まず上昇トレンドに従って順張りでの投資を心がけましょう。また、買いのタイミングについては移動平均線を活用するといいでしょう。
国策関連の銘柄などは、しっかりと値動きしやすいので狙い目です。その際も、移動平均線を割っているような銘柄は除外して考えるようにして、ルールを徹底して投資しましょう。