株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

専業トレーダーとして生きていくということはどういうことか

専業トレーダーとしての人生とは、生涯、株式やFX、不動産などに投資をして生きていくライフプランになります。
中には「投資で生活していくなんて危ない」「デイトレードはギャンブルと同じ」といったネガティブな意見が見られますよね。
では、専業トレーダーとして成功している人とそうでない人では、何が違うのでしょうか?

専業トレーダーとして生きる人


終身雇用制が減ってきている今、毎日同じ時間に起きて会社に行く、ということに疑問を感じる人も多いのではないでしょうか?
サラリーマンをしながら副業として株式投資をしている人の中には、専業トレーダーになることを考えたことのある人もいるでしょう。
専業トレーダーとして生きていくことは、実はさほど難しいことではありません。
では、専業トレーダーとして生きている人というのはどのような人たちなのでしょうか。

専業トレーダーの多くに共通しているそれは行動力と決断力です。
専業トレーダーになるからには、当然、「専業トレーダーになる」ということを決めた上でそうなっています。
ただ、専業トレーダーになること決めたからといって、すぐになれるわけではありません。
それにあたり、どのように利益を出していくか考えなければなりませんし、その利益目標を達成するために、どのように行動すべきかをしっかり計画しなければなりません。そして何より、その目標に向かって積極的にリスクを取っていかなければなりませんし、リスクに対処するための知識を得る必要もあります。

専業トレーダーとして生きる人は、この点が第一段階としてクリアできているのです。

進み続ければ道は開ける


例えば、低位株やボロ株はリスクが高く、これに積極的に投資する人は少ないのではないでしょうか。
このような銘柄は動きが読みづらいため、いつ急騰するか分かりません。いつ来るか分からない急騰までそのポジションを寝かしておくということは、普通のトレーダーはやりたがらないのです。
しかし、専業トレーダーで大きな利益を獲得した人は、このような低位株にも積極的に投資します。もちろん、やみくもに投資するわけではなく、このような銘柄のクセや特徴、リスクを理解した上で投資し、最終的に大きな利益を手にしています。

ただ与えられることを待っているだけでは幸運を手に入れることはできません。
「虎穴に入らずんば虎児を得ず」ということわざの通り、勇気を持って臨んだ者にしか勝利を得ることはできないのです。

しかし、勇気と無謀は異なります。
ただむやみやたらと投資を行っても勝つことはできません。しっかりと勝利までの道筋を見極める必要があります。
そして、そのためには近道があります。

それは成功者のやったことをそのまま真似するというものです。
成功者のやり方は、おさえるべきポイントをきちんとおさえています。成功に必要なことを、効率よく見ることができるのです。
学ぶとは「真似ぶ」の転であるということは、よく言ったものです。

そのような実践例をもとに一歩を踏み出し、自分に合った方法で専業トレーダーを目指しましょう。投資には株やFX以外にも、不動産投資など様々な方法があります。必ずこれでなければならない、という決まりはありません。
進み続ければ自分に適した専業トレーダー像というものが見えてくるはずです。

まとめ

専業トレーダーという生き方はあまり身近には感じません。
だから尻込みしてしまう人がいるのも当然でしょう。
しかし、そこで一歩を踏み出せた人が、専業トレーダーとして成功するのです。

リスクを勘案し、この現状をよしとして受け入れるか、それを克服して専業トレーダーとしてより幸福な生き方を目指すか、それは個人の自由です。
ですが、今一度問い直して下さい。
自分の目指す幸せとは何かということを。