株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

どんな株を買えばいい?将来性のある株は?人気のある成長株や割安株に注目しよう!

株式投資で最も重要なことは、買う株を選ぶことです。
株式投資では、誰もが値上がりするような株を選びたいと思っています。
その中で成功する人は、選ぶコツを知ったうえで実行できる人です。
どうやって、値上がりする株を選んでいるのでしょうか?

株価が上がる株とはどのようなものか


値上がりする株を選ぶコツを知る前に、株価が上がる仕組みについて考えてみましょう。
株というのは、定価が付けられて売られているものではありません。
株を売りたい人がいれば、その株を買いたい人が価格を付けて買うことになるため、欲しい人が多ければオークションのように株価が上がっていくことになります。

その反対に、売りたい株に対して欲しがる人が誰もいなければ、その株価は買う人が洗われるまで下がっていく事になります。
それでは、どのような株であればみんなが買いたいと思うのでしょうか?

欲しがる人が多い株には大きく分けて2種類あります。
1つは、業績が現在伸びつつある企業の株である成長株です。
そしてもう1つは、業績に対して株価がまだ上がっておらず、安いままとなっている割安株です。

この成長株や割安株が、値上がりする株ということになるのです。
それでは、どうやったら該当する株を見つけることができるのでしょうか?

成長株はどうやって探したらいい?


まずは、成長株の探し方から紹介していきます。
成長株を探す場合、必要となるのは日常の中にあるトレンドに対して敏感になることです。
そして、トレンドに気づいたらそれに関連する会社の業績を調べましょう。

トレンドに気付くのは、ニュースになってからでは遅いのです。
日常のちょっとしたことから気付くようになれれば、いち早く成長前の株を見つけることができるようになるでしょう。
例えば、友人との会話で聞くことが増えた単語や、街中で見かけることが増えたお店の袋などから、トレンドに気づくことができます。

また、現在成長している会社というのはどんどんと売り上げが上がり、それに伴って利益も伸びています。
こうした企業を、四季報オンラインなどをチェックすれば見つけることができるでしょう。
売上の増加は、その会社の利用者が増えていることを示します。
また、純利益が増加しているのは、その会社の収益が増えていることを示しています。
本当に成長している企業は、この両方が伸びているのです。

割安株の探し方は?

次に、割安株の探し方について紹介します。
割安株を知るためには、株価収益率を示すPERや、株価純資産倍率を示すPBRといった指標を利用すると見つけやすいでしょう。

PERは、現在の株価と1株当たりの利益との関係性を示します。
株価が1株当たりの利益の何倍となっているか、という計算をして、その倍率から割安かどうかを知ることができるのです。
大体15倍が標準となり、低い場合は割安株といえるでしょう。

また、PBRは株価と1株当たりの純資産との関係性を示します。
株価と1株当たりの純資産が同じくらいであればいいのですが、株価の方が高ければ割高を示し、1株当たりの純資産の方が高ければ割安を示します。

気になる企業があった場合は、このような計算をしてその株が割安かどうか確認してみましょう。
また、初心者のうちはこのようにはっきりとしていない株については、手を出さない方がいいでしょう。
なるべくリスクが少ないと思える株を買うようにしましょう。

まとめ

株式投資においては、株を選ぶことが最も重要なポイントとなります。
これから値上がりする株を選ぶことが大切なのですが、そのためには成長株や割安株を探さなければいけません。
こうした株の探し方にはコツがあるので、初心者のうちはこのコツを身につけられるように、該当する株を見つけて買うようにしましょう。
よくわからない株には、手を出さない方がいいでしょう。