株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

酒田五法を使ってロウソク足チャートから相場展開を捉える

酒田五法とは、江戸時代の相場師、本間宗久によって考案された日本発祥の分析方法です。
この方法は数日間のロウソク足の推移から今後の相場展開を予想するもので、現在の株式投資でも普遍的手法となっています。
是非ともロウソク足を心得え、酒田五法を活用してみましょう。

酒田五法の種類

今回お話しする酒田五法は、非常に実用的なテクニカル分析手法であり、ロウソク足の組み合わせにより分類された五つの法則です。
この五つの法則は「三山」と「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」というように呼ばれ、これらによって株式の相場展開を分析・予想します。

今回はこれらの法則のうち三空、三兵、三法について詳しく説明していきます。

三空で買い時、売り時を判断する

「三空(さんくう)」とはロウソク足同士の間に生じる差に注目した分析方法です。

日本の株式市場では前日の終値と当日の始値に差ができることが頻繁に起こります。
これは日本で「板寄せ方式」が採用されているためです。
酒田五法ではこの差を「空」と言い、三つの空に注目して株式の売り時、買い時を判断することを三空と言います。

具体的には、三回連続で空が上昇(ギャップアップ)する時を「三空踏み上げ」と言い、これを売り時であると判断します。
一方で、三回連続で空が下落(ギャップダウン)する時を「三空叩き込み」と言い、買い時であると判断します。

つまり、三回も連続して上昇しているからこの後は下落するだろうから今のうちに売ってしまうのが「三空踏み上げ」と言い、下落が続いているから今後は上昇すると予想して買うことを「三空叩き込み」と言います。

ただし、三空叩き込みに際してはその後も下落していくリスクもあるので損切をする選択肢も必要です。

三兵で転換期を見極める


「三兵(さんぺい)」は三日間連続して上昇・下落が続くロウソク足の様子を指します。
連続して上昇することを「赤三兵」、連続して下落することを「黒三兵」と言います。

赤三兵は陽線が三連続し、定値圏で見られると上昇転換していくと予想できます。
また、高値圏で見られると買いは慎重にすべきであると判断できます。
黒三兵は陰線が連続する様子から「三羽烏」とも言い、高値圏に現れると下落転換していくため、売り時だと判断する基準になります。

三法で取引のタイミングを計る

「三法(さんぽう)」では、「押し目」を脱したときを取引のタイミングと判断することができます。
押し目とは、売り買いが拮抗しているため、陽線と陰線が交互に起こり今後の展開が読めないような状況のことを言います。

従って、押し目から大きく上昇した時を買い時と判断し、一方で大きく下落した時を売り時と判断することができます。
特に下落した時は、すぐに利益確定することで損害を抑える、ということがよく行われています。

まとめ

酒田五法を利用すると、パターン化して分析・予想できるので、ロウソク足チャートを楽に見ることが出来るようになります。
しかし、あくまでも酒田五法は分析法の一つに過ぎないので、すべての事象がこの方法に当てはまる訳ではないということは理解して下さい。
酒田五法を活用するにあたって、特に損切りの時期の見極めが肝になるのではないかと思います。