株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

日経平均採用銘柄の特徴と購入をおすすめする理由について

日本の株式市場において、もっとも注目すべき株価指数の1つに“日経平均”が挙げられます。
また“日経平均採用銘柄”とは、日経平均で採用されている225銘柄のことを言い、常に多くの投資家の注目を集めています。
今回は日経平均採用銘柄の特徴、日経平均採用銘柄の購入をおすすめする理由を解説しましょう。

日経平均採用銘柄は年に1回見直される


日経平均採用銘柄は、日本経済新聞社によって選定されるものですが、1度採用されたものがずっと残るわけではありません。
年に1回採用銘柄の見直しが実施され、その際に適していない銘柄を外し、代わりに新しい銘柄を採用します。
特に上場廃止となった銘柄、合併された銘柄などは、必ず採用銘柄から外されます。
見直しが実施されるのは毎年9~10月で、その際に外される銘柄、新しく採用される銘柄が発表されます。

なぜ日経平均採用銘柄には多くの注目が集まるのか?

日経平均採用銘柄に多くの投資家の注目が集まる理由は、機関投資家の売買動向と関連性があるためです。
機関投資家は、日経平均よりもTOPIXをベンチマークする場合が多いですが、中には日経平均をベンチマークする機関投資家もいます。
日経平均指数に連動した投資信託などを運用する機関投資家は、日経平均採用銘柄の見直しがされると、同じように銘柄を入れ替えなければいけません。
また日経平均の動きは、各機関投資家の運用成績と比較するときに使用される場合があります。
日本の大型株で運用されている投資信託などでは、日経平均のチャートと投資信託のチャートを比較した運用報告書なども散見されます。
日経平均よりも良好な運用成績であればいいのですが、あまりにも日経平均を下回る運用成績になったしまった場合、機関投資家はユーザーの信用を失ってしまいます。
したがって機関投資家は、運用銘柄を日経平均採用銘柄から選定するケースが必然的に増えることになるのです。
日経平均採用銘柄から運用銘柄を選定すれば、日経平均との開きを最小限に抑えられるためです。

日経平均採用銘柄の購入をおすすめする理由


日経平均採用銘柄の購入をおすすめする理由は、なんと言っても日本を代表するさまざまな業種の銘柄が揃っているため、初心者でも購入しやすく、安心感があるという理由です。
またもう1つの理由には、日銀が日経平均採用銘柄の4割を保有しているという理由も挙げられます。
そのため日経平均採用銘柄は大幅に価格が下がるというケースがそうでないものに比べて少なく、個人投資家の長期保有に向いています。
もし日経平均採用銘柄で短期投資をするのであれば、新しく採用された銘柄が入れ替えられる前を狙って購入しましょう。
新しく採用された銘柄は機関投資家の買いを控えているため、一時的な値上がりによる利益を得やすくなります。

まとめ

日経平均採用銘柄には他の銘柄にはないさまざまな特徴があり、これからも株式市場を代表する銘柄群として注目され続けるでしょう。
もし投資初心者で購入する銘柄を決めかねているという方がいれば、まずは日経平均採用銘柄から選定するのをおすすめします。
大きな利益を狙うのは容易ではないものの、投資の基本であるローリスク・ローリーンを学ぶには持ってこいだと言えます。