株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

ROEの高い企業を見つけるには?投資するには?手軽にできる方法を解説!

投資する企業を見つけるために、企業の収益性を示すROEという指標を重視する投資家が増えています。
日本でも、ROEを向上させることを目指す企業が増えつつあるのですが、もともと日本企業のROEは低水準にあり、今も多くの企業が6%未満にとどまっています。
その中で、ROEの高い企業に投資するにはどうしたらいいのでしょうか?

JPX日経インデックス400に注目しよう


ROEは、勝ち組企業を見つけるためのモノサシとして使うことができます。
そのROEに注目が集まる中で、現在重視されているのがJPX日経インデックス400です。
株式指標の1つであるJPX日経インデックス400は、JPX(日本取引所グループ)と日本経済新聞社が共同で、2014年から算出するようになった新しい指数です。
現在3,000社以上ある東証の上場銘柄のうち、独自に定めた市場での流動性や財務内容などの基準をクリアした400銘柄によって構成されている指数なのですが、この指数とROEには大きな関係があります。

JPX日経インデックス400は、基準を満たした400銘柄による指数ですが、その基準にROEが関わってきます。
対象となるのは東証一部と東証二部に上場している銘柄だけではなく、マザーズとJASDAQに上場している企業も含まれます。
そして、その基準となるのは現在の時価総額に加え、過去3年間のROE及び営業利益などの定量面での評価と、国際会計基準の採用、社外取締役の選任、決算情報を英語で開示するなどの取り組みについての評価があります。
つまり、JPX日経インデックス400の中に入るには、ROEもその基準を満たしている必要があるのです。

ただ時価総額の上位に入る企業や、流動性が高い企業などで構成されている指数に比べて、企業の成長性や財務内容など、経営に関するクオリティを反映しています。
そのため、国内の投資家だけではなく海外の機関投資家も採用することが増えています。

実際に、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)という世界最大の機関投資家でも、ポートフォリオに組み入れる運用戦略において、この指数を2014年度から使っています。

指数に採用される銘柄については、毎年8月に銘柄の見直し・入れ替えが行われていて、その際には業績不振などで構成する銘柄から除外されるものもあり、反対にその400銘柄へと新たに加わる銘柄もあります。
この400銘柄の中に入ることができるというのは、上場企業の経営者としては一種のステータスとなっているのです。

手軽に投資できる投資信託を利用しよう


多くの上場企業の中から、ROEなどの基準を満たしているような企業を探し出すのは非常に大変です。
しかし、JPX日経インデックス400を参照すれば、ROEをはじめとした様々な基準を満たした株を簡単に探すことができるのです。

この指数は非常に多くの投資家から注目されているため、多くの資産運用会社が投資信託でこの指数を採用しています。
指数に含まれる銘柄の中から個別に投資する銘柄を見つけるよりも、指数そのものを対象とした投資信託の方が手軽に投資することができます。
インデックスと連動させることを目的としたパッシブファンド以外にも、インデックスを参考にして高い投資成果を上げることを目的としたアクティブファンドもあり、その信託報酬や手数料にも様々な違いがあるので、自分が口座を開いている証券会社で取り扱っている投資信託にどの様なものがあるのか、一度チェックしてみましょう。

まとめ

ROEに注目して、ROEが高い企業を探すのであれば、指数の中でも採用基準にROEが含まれているJPX日経インデックス400に注目してみましょう。
この指数に含まれている銘柄であれば、ROEだけでなく業績なども基準を達成しているため成長性に期待が持てるのですが、個別の銘柄に投資するだけではありません。
この指数に連動した成績を上げる投資信託などに投資することで簡単に投資できるので、一度証券会社で取り扱っている投資信託の種類を確認してみましょう。