株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

投資において重要な“リスク許容度”について理解しよう

投資は非常にポピュラーな資産運用の1つですが、常にリスクが付きまとうものでもあります。
そんなリスクが付き物の投資において、とても重要な要素に“リスク許容度”というものがあります。
リスク許容度について理解していないと、無理な投資をしてしまうことにも繋がりかねません。
詳しく解説しましょう。

投資における“リスク許容度”とは?


投資におけるリスク許容度とは、許容できるリスクの範囲のことを指します。
つまり投資を行うにあたって、どの程度の損失まで許容できるかということです。
リスク許容度は、投資家がポートフォリオを作成する際、投資家が被る最大のリスク水準を測るための指標になります。
株を始めとするさまざまな投資商品には、“ローリスク・ローリターン”のものと“ハイリスク・ハイリターン”のものがあります。
リスク許容度が低い投資家にはローリスク・ローリターンの投資商品、リスク許容度が高い投資家にはハイリスク・ハイリターンの投資商品が向いています。
ただ多くの投資家は、自身がどの程度のリスクを許容できるのかということを把握していません。
自分のリスク許容度を低くしすぎると、例え優秀な投資家であっても、投資のチャンスが少なくなりリターンを取り逃がすことになります。
逆にリスク許容度を高くしすぎると、最悪の場合投資ですべての資産を失ってしまう可能性もあります。
つまり投資におけるリスク許容度を知ることは、自身の投資に安定感をもたらすことに繋がるということです。

リスク許容度を把握するにはどうすればいい?

リスク許容度は、生活または資金の余裕を保ちながら投資を行うための指標とも言えます。
したがって自身の生活、資産などの情報を洗い出すことで、自身のリスク許容度は把握できるでしょう。

例えば年齢が若い方であれば、損失が出ても取り返す時間がまだまだあるため、リスク許容度は高めになります。
また年収が多く、貯蓄に余裕があるという方のリスク許容度も、比較的高めになるでしょう。
逆に扶養家族がいる方、高齢の方などは、なるべく損失を減らすことを考えて投資する必要があるため、リスク許容度は低めになります。
また細かいことが気になるタイプの方は、リスク許容度を高めにしてしまうと、不安で生活に支障をきたす場合があります。

リスク許容度を把握するためのサイトを活用しよう

自分自身で投資のリスク許容度を把握できないという方は、リスク許容度を把握するためのサイトを活用しましょう。
中でもおすすめなのは、金融情報サービスを提供する企業である“モーニングスター”の“リスク許容度診断”です。

モーニングスターのリスク許容度診断では、想定する投資期間や投資に対する知識の程度、投資に使う資金などの情報を入力します。
そしてそれらの情報から投資スタイルを診断し、どの程度のリスク許容度で投資を行えばいいのかをアドバイスしてくれます。

まとめ

投資において重要な要素であるリスク許容度について解説しました。
リスク許容度を把握せずに投資を行うと、リターンのチャンスを逃したり、大きな経済的・精神的ダメージを負ったりすることに繋がります。
自身のリスク許容度を把握し、それを反映させたポートフォリオで投資を行うということは、投資で成功するための絶対条件です。