株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

ネット証券で口座を開設する際に気を付けることは?

株式投資の初心者が、ネット証券に口座を開設しようと思った際、初めて聞く用語があまりにも多いと戸惑うことも多いようです。
しかし実際は、想像以上に易しく、ややこしいことではありません。
今回は、ネット証券の口座開設方法についてご紹介していきたいと思います

ネット証券の口座開設は簡単!


ネット証券に口座を開設するのは、実のところ非常に簡単です。
中には、申し込みから最短1日で開設できる証券会社もあるのです。

ネット証券に口座を開設する際は、まずネット証券のホームページを探しましょう。
トップページにアクセスしたら、口座開設の申込みをするボタンなどがあるので、そちらをクリックしてください。
そうすると、入力フォームが表示されるので、指示に従って名前や住所、生年月日、連絡先などを入力していきます。

ネット証券の場合、口座開設は以前であれば郵送で必要書類を送るのが主流でしたが、現在はオンライン上ですべての手続きを完了できるところがほとんどなので、いちいち郵送されてくる申込書を待つ必要もなくなりました。
今すぐに株式投資を始めたい、と考えている人にもおすすめです!
もちろん郵送での申し込みも可能なので、オンラインでの申し込みは苦手という人は郵送で書類を送って口座を開設しましょう。

口座開設に必要な書類は?


ネット証券で口座を開設する際は、どのような書類が必要なのでしょうか?
あらかじめ必要な書類を用意しておくと、申し込みもスムーズに行えますので、必要なものをチェックしておきましょう。

口座開設に必要なものは、身分証明書とマイナンバーの確認書類です。
身分証明書は、免許証やパスポート、もしくは顔写真付きのマイナンバーカードや住民基本台帳カードなどです。
顔写真がついている身分証明書がない場合は、住民票などを用意しなければいけないかもしれません。
マイナンバーについては、マイナンバー通知カードか個人番号カードがあれば問題ありません。
証券会社によっては他の書類でも問題ない場合がありますが、基本的にはこれらの書類があればどの証券会社でも問題ありません。
オンラインで申し込みをする場合は、これらの書類は画像を送付することになります。

そのため、あらかじめ書類をデジカメやスマートフォンのカメラで撮影するか、スキャナで取り込んでおきましょう。
この時、画像は基本的に表面と裏面の両方が必要となるので、忘れずに裏面の画像も用意しましょう。
画像のサイズが大きすぎると送れない場合があるので、アップロードできるサイズを確認して必要に応じてサイズの調整をする必要がある場合もあります。

画像を用意したら、申し込みの際の案内に従って画像をアップロードするだけです。
撮影や画像編集の手間はかかりますが、郵送の必要がないので手軽でスムーズに申し込みができるでしょう。
もしも郵送で申し込みをする場合は、同様の書類のコピーを取って申込書類に同封することになります。
画像が不鮮明などの問題がなければ、数日以内には口座開設が完了したという通知が届くでしょう。

口座の種類とは?

証券会社に口座を開設する場合、口座の種類を選択することになります。

証券会社の口座には、特定口座と普通口座があります。
この特定口座というのは、証券会社が取引の記録を作成してくれる口座のことです。
また、特定口座の中も源泉徴収のあり・なしを選ぶことができます。
源泉徴収ありの特定口座を選ぶと、株式取引の利益から自動的に税金の20%が差し引かれることとなります。
税金の計算が不要となるので簡単なので、問題がなければこの口座を選ぶといいでしょう。

しかし、別に確定申告をすることがある場合は、源泉徴収なしの口座を開設してまとめて確定申告を行ったほうがいいかもしれません。
ただし、会社員の場合は20万円までなら税金が免除されるため、利益が小さい場合は源泉徴収なしの特定口座を選びましょう。

これで口座の開設は完了となります。

まとめ

証券会社に口座を開設するのは、銀行とは手続きが異なるので複雑に感じるかもしれません。
しかし、内容を確認してみるとそれほど難しいこともないので、安心して口座開設を申し込んでください。
口座の種類も税金関係だけですから、自分の都合にあった口座を選びましょう。
また、基本的に口座開設は無料です。
これを機に、いくつかの証券会社に口座を開設してみませんか?