株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

貸株サービスは貸株のこと?間違えやすいこの2つの違いを解説!

株にはレバレッジを効かせられ、売りから取引できる「信用取引」があります。
信用取引にチャレンジした際に目に入るのが、「貸株」という言葉です。貸株とはいったい何なのでしょうか?
一方、「貸株サービス」という言葉もあります。
「貸株サービスは貸株のことを意味しているのではないの?」と思う初心者の人もいるかもしれません。

今回は、貸株と貸株サービスがそれぞれどのようなものなのか解説します。
株を取引すると、いずれは信用取引にチャレンジすることがあるかもしれません。
その時に混乱しないよう、今から貸株と貸株サービスの内容をしっかり押さえておきましょう。

貸株は信用取引のこと


タイトルに書いてしまいましたが、貸株とは信用取引のことを指します。
最初の方で少し触れたとおり、信用取引は現物取引とは違い、売りから取引をスタートできるのが大きな特徴です。そのため、相場が下落している時に利益を出せるというメリットがあります。
なお、信用取引では、買いからスタートすることももちろん可能です。その場合はレバレッジを効かせることができるため、現物よりも少ない資金で取引することが可能である、というメリットがあります。

そんな信用取引ですが、貸株が関係してくるのは、売りの時です。
いわゆる、信用の売り…つまり、「空売り」をする際、投資家は持っていない株を売らないといけません。そのため、証券会社から売り建てしたい株を借りる必要が出てきます。
この時に証券会社が貸してくれる株のことを「貸株」といいます。

空売りの際に必要な貸株は、タダで証券会社から借りられるわけではなく、借りるためには委託保証金を差し入れる必要があります。

なお、空売りで建てたポジションを保有している間は、証券会社に対し、信用取引貸株料や品貸料(逆日歩)、配当金相当額といったコストを支払う必要が出てきます。
ちなみに、品貸料(逆日歩)は、必ず支払うわけではなく、証券会社や証券金融会社で用意できる貸株の量が不足した時に発生します。証券会社や証券金融会社の方で準備している株数が不足すると、機関投資家などから株を借りるのです。この時、追加コストとして品貸料(逆日歩)がかかることになります。
また、配当金相当額についても必ず支払うわけではありません。これが発生するのは、ポジションが権利確定日をまたいでしまった場合です。

なお、貸株がどれくらいあるのかという「貸株残高」は、日本証券金融が貸借取引情報として公表しています。調べたい銘柄のコードを入れて検索すると、貸株残高をチェックすることができます。

貸株サービスとは?

貸株サービスは貸株とは逆で、投資家が自分の持っている株を証券会社に貸し出すサービスのことをいいます。
貸株サービスの最大のメリットは、株を貸した料金…つまり、レンタル料が貰えるということです。
金利は証券会社によって異なります。また、銘柄によっても金利が異なります。

貸株サービスは金利が貰えるものですので、銀行預金などと似ているかもしれません。ただ、大きく異なるのは、元本割れする可能性がある、ということです。
株価は日々変動しますので、上昇トレンドに乗っている時は、株価上昇によるキャピタルゲインに加え、金利ももらえてお得ですが、下降トレンドに入ると、金利はもらえても、それ以上のキャピタルロスが発生する可能性があります。

もし貸株サービスの金利を狙って株を買いたいのであれば、長期保有前提で、その銘柄が長期に渡って上昇するかどうか、しっかり精査した上で買いましょう。
これから成長が見込まれる企業の株でチャレンジしてみると良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、貸株と貸株サービスについて紹介しました。
言葉は似ていますが、中身は全く反対です。貸株は空売りの際に証券会社から借りる株のことを言い、貸株は、証券会社に自分の持っている株を貸し出してレンタル料をもらうことを言いますので、混同しないようにしましょう。