株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

申告が必要な時はどのような時?株にかかる税金とは?

みなさんは、投資で得た利益に税金がかかることを知っているでしょうか?
サラリーマンとして働いている場合は、会社が税金に関する手続きをすべて行ってくれますよね。
しかし、投資をしている場合は、必要な手続きを自分でしなければなりません。
今回は、株の投資にまつわる税金の話についてご紹介したいと思います。

自分で申告しなくても良いケースとは?


主となる収入以外に、稼いだお金がある場合は確定申告が必要になります。
株も同様で、利益が出た場合には、基本的に確定申告が必要です。

ただし、例外もあります。
株式の場合は、得た利益が年間で20万円以下であるならば、申告の必要はありません。
なお、ここで言う利益とは、持っていたポジションを決済した場合、ということです。
利益が出ていても、ポジションを決済せず、含み益の状態になっている場合には課税されません。

また、証券会社に口座開設をした際に、「特定口座・源泉徴収あり」を選択した場合は、証券会社が申告してくれるので、自分で申告する必要はありません。
ただし、この場合、年間の利益が20万円以下であっても税金が徴収されてしまいます。その場合、後で申告しても徴収された税金は戻ってきませんので、そのことを考慮した上で利用すると良いでしょう。

自分で申告するのが不安に思う人は、口座を開設する際に「特定口座・源泉徴収あり」を選択すると良いでしょう。
なお、「特定口座・源泉徴収あり」にしていなくても、途中で変更することは可能です。簡単に変更できますので、口座開設した証券会社に問い合わせるか、HP等で確認してみると良いでしょう。

自分で申告する際に気を付けることはあるのか?


証券会社に口座を開設した際、「特定口座・源泉徴収なし」にした場合は、申告前に年間取引報告書が証券会社から届きますので、それを見ながら、自分で確定申告をしなければなりません。
ただし、年間の利益が20万円以下であれば、申告せずともOKです。

証券会社に開設した口座が「一般口座」だった場合は、自分で確定申告をする必要があります。
特定口座とは違い、証券会社から年間取引報告書が送られてくることはありませんので、自分で年間取引報告書を作らなくてはなりません。

なお、一般口座の場合も、給料以外の所得が20万円以下であれば、申告の必要はありません。
つまり、給料以外の所得が株の取引により得た利益しかない場合、それが20万円以下であれば、申告の必要はない、ということです。
そうではなく、株で得た利益以外に、FXや先物取引等で得た利益や、アフィリエイト等で得た利益、さらには、何か他の副業で得た利益がある場合は、株の取引で得た利益が仮に20万円以下であっても、その他の副業による利益と合算した時に20万円を超える場合は、申告の必要があります。
また、どちらの場合も、住民税の申告が必要になります。

このように、一般口座は特定口座よりも申告の際の手間がかかり面倒です。
後で困らないためにも、いつ、どのくらいの収益が出て、1年間でどのくらいの総額になるのか、きちんと確認して計算しておくと良いですね。

なお、株で利益が出た場合は、税金の割合は20%くらいであると言われています。
得られる利益の内容として、成功した時の利益分だけではなく、配当で得られたものも含まれます。
したがって、株を通して得た利益は、基本的にすべて課税対象になると考えておいた方が良いでしょう。
提出に必要な書類は、その都度しっかりと保管して、いつでも確認できるようにしておきたいですね。

まとめ

今回は、株の投資にまつわる税金の話についてご紹介しました。
副業として行っている時に利益が一定の金額に満たない場合や、口座を設けた際に「特定口座・源泉徴収あり」に設定した場合は、申告の必要はありません。
一方で、「特定口座・源泉徴収なし」や「一般口座」にした場合は、自分で手続きをしていく必要があります。
始めのうちは分からないことも多いので、不明な点は税務署の人に相談してみるのも良いですね。