株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

株式投資初心者でも投資リターンを得るには?

株式投資を始めたばかりの頃は、まず取引に慣れることが大切です。
その中で、多少なりともリターンを得ることができれば喜ばしいでしょう。
今回は、株式投資初心者を対象に、リターンを高めるための方法について説明していきます。
現在よりもリターンを大きくしたい株式投資初心者の方は、チェックしてみて下さい。

リターンを高める方法


株式投資でリターンを高めるためには、株価以外の利益を狙うのが確実です。
株価以外の利益というと配当金がありますが、それ以外の方法もあります。
その一つが、貸株サービスです。

貸株サービスというのは、自分が株を持っている時に利用することができます。
簡単に言うと、その持っている株を証券会社に貸し出して、金利をもらうというものです。
貸株サービスを利用できる証券会社はそれほど多くはなく、また受け取ることができる金利も異なっているのですが、最低0.1%から最高で5%以上、中には年間10%以上の金利を受け取ることができる銘柄もあります。
そのため、たとえ株価が動かず、配当利回りも0だったとしても、金利によって利益を得る事が可能となるのです。

貸株サービスを利用したからといって、その株が売却できなくなるわけではありません。
また、株主優待などの権利付き最終日などでは、その時期だけ返却してもらえるサービスを用意していることもあります。
ただし、貸株制度はNISA口座では利用できず、また金利は更新される頻度が高いため安定しないというデメリットがあります。
また、証券会社によって支払方法が異なるため、そういった点に注意が必要となります。

株主優待にも目を向けよう


株式投資において、目的としている人も多い株主優待ですが、これもリターンを高める方法の一つです。
ただし、初心者にありがちなのが株主優待だけに目が行ってしまい、株価がそれ以上に下がってしまうという失敗です。
たとえ魅力的な株主優待がもらえるのだとしても、事業内容にも目を向けておきましょう。
特に、有利子負債が利益剰余金以上にある会社の場合は、諸琉愛株価が下落するリスクも高くなるので、あまり長期的に保有しない方がいいでしょう。

株主優待については、リターン率が各社で大きく異なります。
基本的には株価×必要株数に対して、5%のリターンがあればかなり大きいといえるでしょう。
つまり、株価が2,000円で100株から株主優待がもらえる場合、2,000×100×5%=10,000円分の株主優待がもらえるようなら高額といえるでしょう。
中には10%以上の利回りとなる株主優待もあるので、色々とチェックしてみましょう。

株主優待で注意したいのが、100株以上で株主優待がもらえるからといって、200株あれば2倍もらえるという事ではない点です。
ただし、家族名義の口座を開設して、それぞれの口座で100株ずつ持つようにすれば2回もらう事も可能です。

株主優待ばかりに注目して投資に失敗しないように、リターン率や株主優待の中身だけではなく、きちんとその会社の業績や財務内容などにも注目して、株価が下がらないような銘柄を選ぶようにしましょう。

まとめ

投資において、リターン率をなるべく高くしたいと考えるのは当然です。
ただし、株価だけに注目しているとそれ以上のリターン率を求めるのは難しいため、証券会社の貸株サービスに株を貸し出すことや、株主優待、および配当金などにも目を向けてみましょう。
とはいえ、やはり中心となるのは株価の変動による差益なので、他のサービスに注目するにしても株価を疎かに考えないようにしましょう。