株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

意外とやりがちな株で損する方法を知って、未然に防ごう!

みなさんは株式投資をする際、注意している事がありますか?
投資では注意するべき部分が多いですが、中でも初心者にとって重要なポイントとは何か、知る事ができると助かりますよね。
実は、意外と誰でもやりがちなミスがあるのです。
ここでは、株で損しやすい方法を知り、未然に防ぐ方法を学びましょう。

さじ加減が掴めない初心者だからこそ配分をしっかり


みなさんは、株で損しやすい方法には何があるのか、ご存知ですか?
関連書籍で取り上げられる事もありますが、情報量が多く、初心者だと何に気を付ければいいのか分かりにくいですよね。
まずはピンポイントで、注意すべき部分を説明していきましょう。

よく初心者がやりがちな方法は、1つの株の銘柄に多額の投資をしていくことです。
利益が出そうな株を探すのは大変ですが、見つかったからといって安心してはいけません。
気に入った株に、多額の投資を行うことはとてもリスクの高い行動とも言えます。

ベテランの投資家の領域になると、ある銘柄の株に集中して投資する時がありますよね。
しかし、それはリスク回避を見越した上で行っている、高度なワザになります。
初心者が挑戦するには、レベルが高い方法になるでしょう。
したがって、初心者は堅実な方法と考えがちですが、1つに集中することは避けた方が無難です。

理由は明確で、株価が下がった際の影響が通常よりも大きくなってしまうことが予想されるからです。
多少の場合は対応が早ければ損失が少なく済むかもしれませんが、一気に下落した場合はそうはいきません。
投資している以上の損失が、生まれてしまう危険性があります。
投資の加減は難しいところではありますが、ほどほどのところで区切りをつけていきましょう。

株もある程度分散して投資していくことが、成功のカギになります。

多様なケースの取引を積極的に行っていこう

次にご説明するのは、取引のやり方についてです。
初心者は特に、始めのうちは慣れない事が多く、取引のやり方も自分がやりやすい方法や、基本的な方法から始めていきますよね。
始めのうちは問題ありませんが、利益を出したいと考えるならば、少しずつ様々な方法を試していきましょう!

例えば、取引における注文方法にも種類がありますよね。
通常の指値の注文や逆指値で行う等、利益を出そうとする方法はたくさんあります。
そのため、1つのやり方に固執するよりも、状況に応じて柔軟な対応ができる方が成功しやすいのです。
当然ですが、試したことのない方法で取引をすることは、失敗の不安が付き物でしょう。

丁度良い売り時を見極めるために、取引の時期を伸ばしたり、定期的に情報を確認しておいたりすることも、大切な方法になります。
また、様々な方法をくり返して行っていくと、臨機応変な対応の感覚を養うことにも繋がります。
多少の失敗は想定内の範囲であれば問題はないので、挑戦していくと良いですね。

一方で、株の取引の時期を見計らいすぎて、取引しない状況が続きすぎることも、損失に繋がります。
良く食べ物でも、好きな物は最後に食べたいと、取っておく人がいますよね。
実は、株で同様のことをするのは、避けるべきでしょう。

なぜなら、貯めておくことで確実な売り時を逃してしまうことが多いからです。
利益が望めそうな状況である場合は、早めに取引をしてしまうのが吉でしょう。

今回の記事で取り扱った内容は、損しそうな状況を防ぐために最低限できることになります。
思い当たる状況がある人は、自分の取引状況を見直してみると良いですね。

まとめ

今回は、株で損しやすい方法を知って未然に防いでいくことをご説明しました。
まずは、状況が良いからといって、1つの株の銘柄に多額の投資を行わないことです。
さらに、取引の方法を複数できるようにすることや、なるべく早めに取引してしまうことを採り上げました。
初心者でも簡単に損失を防ぐことができるので、今回の内容を心掛けて取引していきましょう!