株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

勤め人は要チェック!株をやっていると勤務先に気付かれない、株の利益の納税方法

あなたが株の投資に成功して利益を得た場合、その利益には税金がかかります。
しかし、やましいことはしていなくてもなんとなく会社に知られたくない、という人は意外と多いのです。
実は、株で得た利益を会社に知られなくても済む方法はあるのです。
どのような方法か、解説していきます。

株で利益を得た場合、その利益には所得税がかかります。
正確に言うと、所得税として15.315%が課税されるのですが、それ以外に5%の住民税も課税されることになります。
なので、合計すると20.315%が課税されるということになります。

ただし、このうち所得税の15.315%については、年収2,000万円以下で給与以外の所得が20万円以下であれば免除されます。
その場合でも、住民税の5%だけは課税されます。

株の利益に対しては、会社から得た給与とは分けて課税される申告分離課税という方法で課税されます。
そのため、会社で行う年末調整の対象にはならないので、株の収入については会社に報告する必要はなく、自分で確定申告を行うことになります。

どうして会社に知られるのか


会社に株で得た収入について申告する必要はないのですが、それでも会社の人に気づかれてしまう可能性はあります。
それはなぜかというと、住民税があるからです。

通常、住民税は会社が毎月の給与から差し引いて納めています。
その時、明らかに会社の給与以外に収入があるとわかるくらいに住民税が高くなってしまうと、経理担当の社員には給与以外の所得があることを知られてしまう可能性があるのです。
それを防ぐためには、どうしたらいいのでしょうか?

最も簡単な方法としては、源泉徴収ありの特定口座を選択して解説し、その口座を通じて投資を行うことです。
そうすれば、株で利益を得たことで発生する所得税と住民税については、証券会社を通じて税金を納めることになるので会社にわからなくなります。

また、口座の種類として源泉徴収されないものを利用している場合は、自分で確定申告を行う際に、住民税の納付方法として普通徴収を選び、自分で納付しましょう。
そうすれば、給与から毎月差し引かれている住民税とは別に支払うことになるので、会社に知られる心配はなくなります。

最後に、口座の種類をNISAにするという手があります。
NISA口座の場合、この口座を利用して得た利益については非課税となるので、株に投資していることが会社に知られてしまう可能性はなくなります。

これまでの説明をまとめると、

・特定口座のうち、源泉徴収ありの種類を利用する
・源泉徴収なしの口座を利用した場合は、住民税に対しての徴収方法として普通徴収を選択する
・非課税となるNISA口座を通じて取引を行う

この3つのうちいずれかを選択すれば、株に投資していることを会社に知られることはなくなるでしょう。
特に、確定申告の手間を考えた場合は、特定口座のうち源泉徴収ありのものを選んで使うようにするか、NISA口座を利用するのがおすすめです。

まとめ

会社勤めをしている人が株に投資をして利益を得た際に、会社に知られたくないと思うことは少なくありません。
その時には、会社に知られないようにする方法があるので、それを活用しましょう。
特に、住民税の徴収には特に気を配って下さい。
きちんと手順を守れば、会社に株の投資をやっていることが知られずに済むので、あらかじめ準備しておきましょう。