株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

株式投資で成功するために知っておきたい!~株式投資とトレードの違いは何?~

皆さんは、株式投資の基本をご存知ですか。
おそらくは「今後上昇しそうな企業の株を安く購入し、株価が上がれば売却する事」を、株式投資の神髄だと思っている方も、多いでしょう。
しかしそれは「トレード」で、「株式投資」とは別物です。
本記事では、株で成功するカギとして、株式投資とトレードの違いをご説明します。

株式投資とトレードの違い


株式投資とトレードは、実は、その目的から特徴まで異なります。
具体的にどのような点が異なるのかというと、「企業の価値に資金を投じる」事を目的としているのが株式投資の特徴で、「株式の価格に資金を投じる」事を目的としているのがトレードの特徴です。
株式投資をしていても思うように利益を上げられないという人は、こうした株式投資とトレードの違いがわからないまま自分の資金を投じてしまっているからかもしれません。

株式投資の基本的な考え方は「売らない」ことです。
本来の株式投資とは、企業の株を購入し株主となる事で、企業活動の資金を提供し、企業を応援する事を指します。
投資した企業が成長した結果、上昇した株価を資産形成に利用する事が本来の株式投資です。そのため、中長期的な投資になることが多いのです。

株式投資は、企業の「価値」や「将来性」に注目した際、企業の株価が将来の価値や本来の価値よりも現在の価値が「安い」と判断した時点で、投資します。

一方、トレードとは、「チャンスがあれば売却する」という考え方をします。
企業の株を購入して株主になる所までは株式投資とは変わりませんが、「現在の株価に注目」するという事がトレードの焦点であり、企業の価値には目を向けないものなのです。

株式投資とトレードを混同しないようにしよう


このように、株式投資とトレードの違いについてお話ししてきました。
株式投資とトレードの違いを知らなくても、特に問題ないのでは?と思うかもしれません。しかし、ここを分けて考えないと、本来立てるべき投資戦略にズレが生じ、パフォーマンスを上げられなくなります。

例えば、初心者の場合、株式投資をギャンブル感覚で行ってしまうケースが多々見受けられます。これといった根拠もなく、「何となく」の感覚で取引してしまったり、どこにも存在しない「必ず勝てる方法」ばかりを探してしまったり…ということに陥りがちです。

また、自分にどんな投資スタイルが向いているのか考えず、関連書籍やインターネットの情報に踊らされ、自分の性格や生活スタイルに合った取引ができずに負けてしまう…というケースもよくあります。

正しい認識で始めなければ、自分にとってベストな方法で取引できないのも無理はありません。

まとめ

本記事では、株式投資とトレードの違いを中心にご説明しました。
現代では、経済新聞ですらトレーダーを「個人投資家」と表現してしまうほど、株式投資とトレードの意味が曖昧です。
しかしながら、株式投資で成功する為には、その違いを明確化させる事が必須です。
特に、株式投資は基本的に「売らない」ものだという事を、覚えておきましょう。