株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

移動平均線大循環分析について

移動平均線にはいくつもの種類がありますが、その中でも特に究極の移動平均線と呼ばれているのが、移動平均線大循環分析です。
移動平均線大循環分析とは、どのようなものでしょうか?内容について解説していきます。

移動平均線大循環分析とは?


移動平均線大循環分析は、短期・中期・長期の移動平均線の3本を組み合わせたものです。それぞれの線は短期のトレンド、中期のトレンド、長期のトレンドの方向性と強さを示します。移動平均線のパラメーターを何日にするかはそれぞれの通貨ペアで最適なものを探してもらえばいいのですが、最初は5日、20日、40日からスタートした方がいいでしょう。
為替レートがどちらに変動するのかは五分であり、その為替相場に参加した投資家の予想によって動かされます。ときに買い手と売り手のバランスが崩れ、買方が有利になる局面、売方が有利になる局面があります。そういった状態を買いにエッジがある、売りにエッジがあると言います。エッジとは「優位性」、つまり有利な状態のことを指します。
どういうときにエッジが発生するかと言いますと、その代表はトレンドです。上昇トレンドは買方にエッジがあることを示し、下降トレンドは売方にエッジがあることを伝えておきましょう。

大循環分析の特徴は?


大循環分析の特徴として、価格変動の大半が清純の働きでステージを推移するなどの点があります。また、仕掛ける時は買いの場合、第1ステージで3本の線が右肩上がりになっていることを確認した場合や、売りの場合はステージ4で3本とも右肩下がりになっていることを予想しましょう。
基本的な認識として、相場をしっかりとれるという点が長所となります。ただし、大循環分析では大相場のときには上がり続ける限り手じまいのサインが出てきませんので、ずっと持ち続けることが出来ます。
欠点はもみあい相場が続くとチャンスがなかなかないということです。そして、小さなトレンドのときは仕掛けるとすぐにトレンドが転換してしまい、利益を上げることが出来ません。そこでステージ変化の法則を見抜き、ワンテンポ早く仕掛けたり、手じまいの時期を工夫したりしましょう。
ステージには、それぞれに合わせた戦略があります。ステージの変化に伴って、取りうる対策についても考えておきましょう。

まとめ

移動平均線の中には、究極の移動平均線といわれる移動平均線大循環分析があります。その特徴や、ステージごとの違い、性質などを知っておき、投資の際はそれらに十分気を付けて行いましょう。
特に、ステージは次々と移り変わっていくので、ステージを勘違いしないように気を付けましょう。