株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

株を長期保有する場合は証券会社のメールサービスを活用しよう

投資において長期保有をする場合は、日々チャートや経済動向をチェックしなければいけません。
ただ日中は仕事をしている兼業投資家にとって、逐一それらの情報をチェックすることは容易ではありません。
そんなときにおすすめなのが、証券会社が提供するメールサービスの活用です。

証券会社のメールサービスとは?


証券会社のメールサービスとは、指定した銘柄や投資信託、指数が一定値を超えたときに、メールで知らせてくれるサービスのことです。
“アラート”とも呼ばれています。

値の指定方法には、数値や前日比%などがあります。
長期保有をするのであれば、保有している株を含めた注目銘柄すべてについて、このメールサービスを利用することをおすすめします。
そうすることで、メールが届いたときのみ証券会社のマイページを開けるため、売りのタイミングを逃しにくくなります。
またメールの内容を確認し、値動きの理由などを参考にすることで、動くべきなのか静観するべきなのかも判断できます。

買いにも役立つ証券会社のメールサービス

長期保有する銘柄を選ぶ際は、なるべく安値で買い、なおかつ下降トレンドでの買いは避けたいものです。
ただ“○○円以下になったら買おう”と考えてチャートをチェックしていても、なかなか買えるタイミングは見つかりません。

こういう考えで長期保有の銘柄を選ぼうとすると、結局耐え切れずに高値で購入してしまうことも多くあります。
指値注文で買う場合でも、約定できずに期間が過ぎてしまったり、約定後に急に下降トレンドに入って大きな含み損が出てしまったりすることがあります。
ただ証券会社のメールサービスを利用すれば、上記のようなことに悩む必要はありません。
注目すべき複数の銘柄の値動きを教えてくれるため、ピンポイントで長期保有の銘柄を買うことができます。

すべての証券会社にメールサービスがあるわけではない


長期保有の強い味方となってくれる証券会社のメールサービスですが、すべての証券会社で提供されているわけではありません。
指数、統計などの速報メールを提供している証券会社は多いですが、アラートを提供している証券会社は大手でもわずか数社です。
SBI証券、マネックス証券などでは提供されているものの、楽天証券やGMOクリック証券では取扱いされていません。
つまり証券会社のメールサービスを活用する場合、中には利用する証券会社を変更するか、新しく証券口座を開設しなければいけない方もいるということです。
ただわざわざ証券会社を乗り換えたり、新しく口座を開設したりしてもいいぐらい、メールサービスは便利なサービスです。
もちろん、現在利用している証券会社でメールサービスが提供されているのであれば、利用しない手はありません。

まとめ

長期保有をする方にとって、とても有効なサービスである証券会社のメールサービスについて解説しました。
メールサービスの存在すら認識していなかったという方は、まず現在利用している証券会社において、メールサービスが提供されているのかどうかを確認しましょう。
またこれまで活用してこなかったという方は、投資効率や資金効率を上げるためにも、ぜひ活用してください。