株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

配当金の受け取り方法の中で活用しやすいのは何?

投資をしていて、何かしらの利益が出ると嬉しいですよね。
ところで、生じた利益を受け取るためには、どのような方法があるのでしょうか。
今回は、株の配当金を受け取るための方法の中で、今後も活用しやすいものについてご紹介したいと思います。
投資を始める前に、是非とも参考にしてみてください。

基本的には、銀行口座を利用することが多い


配当金を受け取る方法は様々ありますが、基本的には金融機関の口座を利用してもらうことが多いです。
投資を始めるにあたり、大抵は口座を用意しますよね。
株も同様で、口座を通しての受け取りが可能です。

少し前は、配当分の利益が記載された領収者と引き換えで、現金を受け取るという方法がメジャーでしたが、現在では少なくなりました。
その背景には、金融機関や証券会社の口座を利用すると、お得なキャンペーン等が受けられるからです。
少しでもお得な要素があるならば、利用したいと思う人も当然増えてくるでしょう。

銀行の口座を利用して受け取る方法には、2つあります。
まずは、株の銘柄を指定して口座に振り込んでもらう方法で、指定をしておくと別々の口座に振り込んでもらうことができます。
銘柄ごとに、どのくらいの利益が出ているのかは分けて見ることができますね。

この方法は、新しい株を購入すると必ず、振り込みに関する手続きをしなければならないという手間が少しかかります。
多くの銘柄の取り扱いを考えている人は、大変な方法かもしれません。

2つ目は、1つの口座に配当や利益を振り込んでもらう方法です。
複数の口座で、バラバラと管理するのは面倒な人は、こちらの方法が良いでしょう。
複数の銘柄や、証券会社を利用している場合でも、1つの口座に限定して手続きをしておくと、すべて振り込まれる形になります。
分かりやすく、手続きもそこまで複雑ではないので、初心者には向いていますよね。

今後のことを考えて選ぶ~NISAの利用を視野に入れている場合~

上記では、一般的な方法をご紹介しましたが、実はすべて税金がかかる方法なのです。
「せっかくの利益を、税金で取られるのは嫌だな…。」
このように思った場合は、ワンランク上の受け取り方法を活用しましょう!
特に、今後、NISAの利用を考えているという人には向いている方法です。

それは「株式数比列配分方式」という方法で、1つの証券会社で手続きをしておくと、他の会社で扱っている株の銘柄の受け取りにも適用されます。
手続き面での面倒が少なく、初心者でも始めやすい方法ですよね。
この方式で最も効果が発揮されるのはNISAの利用時で、一定額分の利益に含まれる配当金にも税金がかからない対象になります。

少しでも利益を確実に残せて、新しい投資でまた利益が出せるのであるならば、効率よく投資の運用ができるでしょう。
この方法の場合では、取り扱いの口座が証券会社のものになるので、前の説明とは若干ですが仕組みが異なります。

もちろん、証券会社でも口座を設けると受けられるキャンペーンがあります。
例えば、期間内に口座の開設をすると手数料が割引になる、ということが挙げられるでしょう。
証券会社で口座を開設すると、もらった配当金をそのまま別の株の銘柄の投資に運用できます。
効率よく、運用したいという人にはピッタリかもしれませんね。

このように、税金がかかるかどうか、また、他の制度や投資と運用しやすいかどうか等が、口座ごとに異なっています。
基本的には、振り込みの形がほとんどですが、口座の特徴を比較してみると良いですね。
口座の変更は常にできるので、状況に応じて変えていくことも大切でしょう。

まとめ

今回は、株の配当金を受け取るための方法で、今後も活用しやすいものをご紹介しました。
一般的な方法として、金融機関での口座に振り込んで受け取る方法があり、まとめて受け取るか、分散させるかで手続きも違います。
また、証券会社で口座を作ると、受け取った配当金はNISAの制度の対象にもなり、お得なことが多いです。
専門家に相談しながら進めていくこともできる為、自分がやりやすい方法を見つけていくと良いですね。