株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

初心者でもチャレンジできる低位株投資

最近は、NISA口座が増えたことで初心者が株の投資を始めるためのハードルが低くなりました。
しかし、株の初心者にとって悩みとなるのは、どの株を買ったらいいのかという点です。
そんな初心者におすすめなのが、低位株と呼ばれる銘柄です。

低位株とは?


株の投資経験がない初心者におすすめなのが、低位株と言われるものです。
低位株というのは、お手頃の価格で買える株価が低い銘柄のことです。
特に基準はありませんが、一般的には300円以下の株が低位株と呼ばれる事が多いようです。

なぜ初心者には低位株がおすすめなのかといえば、低位株にはメリットがあるからです。
メリットの中でも特に大きいのが、投資にかかる資金が少額で済むという点です。
株式投資の初心者は、まだ投資の経験がないか、あっても数回でしょう。
そのため、売買のタイミングが合わずに損をする事が多いのですが、低位株であれば投資した金額も少ないので損失も限られた範囲内に収まります。
初心者のうちは、何よりもリスクを抑えて投資をすることが大切となります。

また、低位株には成長しやすいというメリットもあります。
以前、楽天の株は数百円程度だったため、低位株として扱われていました。
しかし、その後ストップ高となることも珍しくはないほどに成長を繰り返し、今では1,000円以上に上がっています。

また、低位株は買い増しなどがしやすいという点もメリットです。
元々の株価が低いため、株価が上がる気配を見せた時や一時的に下がった時にはさらに買い増しする事も簡単です。
そのため、様子を見ながら保有する株の数量を調整しやすいのです。

低位株だからといって価格が上がらないとは限らないため、リスクを少なくして高いリターンを狙うことができるので、初心者におすすめといえるのです。
初心者のうちは、低位株からめぼしい銘柄を探し、値上がりするまで待って株価が上がれば売る、というスタイルで投資していくといいでしょう。

低位株の注意点は?


それでは、低位株に関しての注意点は同のような事でしょうか?
まず、低位株を選ぶ際にはただ株価が安いからと選ばないようにしましょう。
例えば、業績が悪いせいで株価が下がった場合や、悪いニュースがあって株価が下がった場合などが考えられるので、業績や株価の推移などをチェックしてから買うかどうかを決めた方が良いでしょう。

低位株の中でも優良な銘柄を見つけるには、PERやPBRなどをチェックした方が良いでしょう。
PERは12倍以上、PBRは1倍以上が目安となります。
また、自己資本比率についても30%以上あることが望ましいでしょう。
営業キャッシュフローがプラスかどうかもチェックするべきですが、こうした情報については会社四季報を見れば掲載されています。
会社四季報は、証券口座を開設していればその証券会社のホームページで見ることができます。
低位株の中で気になる銘柄を見つけた場合は、会社四季報をチェックしてこれらの指標を確認してみましょう。

株式投資というと、どうしても誰もが聞いた事のある大企業の株が気になってしまいますが、こうした株については単価も高い物が多く、投資するには多額の資金が必要となります。
低位株の中にも、今後大企業の仲間入りをする銘柄があるかもしれないので、その成長を見守る意味でも低位株をチェックしてみましょう。

まとめ

株式投資の初心者は、まず少額投資から始めるのが基本となります。
その為に注目するべきなのは、低位株といわれる株価が低い銘柄です。
低位株とはいっても、株価が下がるリスクはなるべく低い方が良いので、会社四季報からチェックするべき指標については確認してから選ぶようにしましょう。