株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

データから株価が上がる条件の整っている銘柄を見つけよう

株価が上がる銘柄とそうではない銘柄には、どのような違いがあるのでしょうか?
実は、株価が上がりやすい銘柄には条件があります。
その条件をチェックするには、信用取引のデータをチェックするのがいいのですが、条件とはどういうものでしょうか?

信用取引のデータをチェックしよう


株式取引には、大きく分けると2つの取引方法があります。1つは現物取引で、この形態の取引では投資家が自分の資金の範囲内で株を買い、保有している株を売るという通常の取引を行います。しかし、売るための株がない場合や、資金が不足している場合でも証券会社からお金や株を借りることで売買することができる取引もあります。この取引を、信用取引といいます
信用取引において、お金を借りて株を買うことを信用買いといい、株を借りてそれを売ることを信用売りといいます。いずれも、反対売買として信用買いの場合は売り、信用売りの場合は買戻しを行うことで決済し、その差額となる利益を受け取ることを目的としていますが、その際に決済が済んでいない取引金額のことを信用買い残、もしくは信用売り残といいます。
この信用買い残と信用売り残の増減は、株価の上昇・下落を引き起こすための直接的な原動力となります。そのため、現物取引しかしていないからといって、信用取引の数字は無関係とはいえないのです。投資家として、PERやPBRなどの指標をチェックするのと同様に、信用取引のデータについてもきちんとチェックしておきましょう。
それでは、信用買い残や信用売り残は、株価にどう影響するのでしょうか?これには、投資家の心理状況が時間経過とともに変化していくという点が関わってきます。また、全体相場や個々の銘柄の状況によって、その影響の表れ方も異なってくるため、少々複雑な話となります。
シンプルに述べると、信用買い残が減少した場合は、直近では株が下落の要因となり、将来的には株価が上昇する原動力となります。当然ながら、それ以外にも株価への影響はあるのですが、とりあえずわかりやすい点ではこうなります。

信用倍率にも注目!

信用買い残を信用売り残で割った値のことを、信用倍率といいます。これもチェックするべきデータです。簡単にいうと、信用倍率が1倍以下の銘柄は買いのチャンスです。
目先はともかくとして、将来的なことを考えると株価上昇の可能性が高い銘柄を探していきましょう。その銘柄を見つけるためには、信用取引のデータを活用していきましょう。

まとめ

株の取引方法には、大きく分けると現物取引と信用取引があるのですが、この信用取引で現れる信用買い残、信用売り残というデータは現物取引にも影響するので、現物取引士かしない場合でも信用取引のデータはチェックしておきましょう。