株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

ローソク足の売買シグナルをチェックしよう!

ローソク足チャートの構成要素の一つであるローソク足には、陰線と陽線があります。
陰線や陽線の並びや形から、現在、相場がどのような状態にあるのかを知ることができ、これからもトレンドが続くのか、それとも反転してしまうのか、といったことが読み取れます。
しかし、その種類は多く、初心者が全て網羅できるものではありません。
そこで、今回は、初心者でも抑えておきたいローソク足の並びを紹介します。
ローソク足の並びのうち、メジャーなものを覚えて実際の投資に活かしましょう。

高値圏で注目したいローソク足の並び


すでに書いたとおり、ローソク足の並びには様々なものがあります。
ローソク足の並びを見て相場を分析する方法の歴史は意外にも古く、江戸時代の米相場で名をはせた本間宗久が元祖と言われています。
本間宗久が編み出したローソク足の並びからチャート分析を行う方法を酒田五法と言います。
酒田五法には実に様々なローソク足の並びが記載されていますが、この全てを学ぶのは大変です。
そのため、まずは高値圏で注目すべきローソク足の並びを紹介します。

宵の明星

宵の明星は、ローソク足が3本並ぶ形で現れるシグナルで、別名「イブニングスター」とも言います。
宵の明星は、長い陽線が出た後、窓を開けて上下にヒゲがついた胴が短めの陽線または陰線(あるいは十字線)が出て、その次に陰線が下放れた状態で出現したローソク足の並びが特徴です。
つまり、

1本目…長い陽線
2本目…上下にヒゲのある胴の短い陽線か陰線。または十字線
3本目…陰線(ヒゲはあったりなかったりする)

という形で出現します。
この宵の明星は、高値圏に差し掛かり、下降トレンドへの転換を警戒した投資家が買いポジションをクローズしたり、投資家が売りの新規ポジションを建てたりしている状態を表していると考えられます。

陰の丸坊主

上下のヒゲのない長い陰線のローソク足のことを言います。このローソク足が高値圏で出現すると、ここから下がる可能性が高い、ということを表しています。
陰の丸坊主は、売り圧力が非常に強いことを示すシグナルであると考えられます。

底値圏で注目したいローソク足の並び

明けの明星

明けの明星は別名「モーニングスター」とも言います。
明けの明星は先に解説した宵の明星と同様に、ローソク足が3本並ぶ形で現れるシグナルです。長い陰線が出た後、下に窓を開けて上下にヒゲがついた胴が短めの陰線または陽線(あるいは十字線)が出て、その次に陽線が上放れた状態で出現します。
つまり、

1本目…長い陰線
2本目…上下にヒゲのある胴の短い陰線か陽線。または十字線
3本目…陽線(ヒゲはあったりなかったりする)

という形で出現します。
この明けの明星は、底値圏に差し掛かり、上昇トレンドへの転換を警戒した投資家が売りポジションをクローズしたり、投資家が買いの新規ポジションを建てたりしている状態を表していると考えられます。

陽の丸坊主

上下のヒゲのない長い陽線のローソク足のことを言います。このローソク足が底値圏で出現すると、ここから上がる可能性が高い、ということを表しています。
陽の丸坊主は、買い圧力が非常に強いことを示すシグナルであると考えられます。

まとめ

今回は、たくさんあるローソク足の並び方から、非常にメジャーなものを紹介しました。
今回は、宵の明星、明けの明星、陽の丸坊主、陰の丸坊主の4つを紹介しましたが、最初に書いたとおり、ローソク足の並びには様々なものがあります。
ローソク足の並びに注目したチャート分析は江戸時代に日本で生まれた歴史ある分析法ですが、今でもこれを参考にトレードする投資家は数多くいます。
そのため、ローソク足の並びの種類の中でも、メジャーなものについては知っておいて損はありません。
その上で、更に知識を深めたいという場合は、酒田五法の本やサイトを見てみると良いでしょう。