株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

【初心者向け】株価チャート分析の基本について簡単に解説♪

今回は、株価チャート分析の基本について簡単に解説していきます!
株価チャートとはいったい何なのか、
ローソク足や、移動平均線など、株価チャートを利用する上で知っておきたい単語等、
株価チャートを利用するために必要な知識について説明します♪

チャート分析の基本について

株の基本画像

まずはチャート分析の基本について説明していきます。

チャート分析とは?

チャート分析とは、テクニカル分析の方法の中の一つで、
株価や、出来高など数値をチャート化して、株式相場の動きを分析、予測する方法です。

株の分析方法は、テクニカル分析ファンダメンタル分析、大きく分けて二通りあります!!

ブタさん

チャート分析のメリット・デメリット

チャート分析のメリットとデメリットについて説明していきます。

チャート分析のメリット

  • 情報の信頼性が高い
  • 相場の動きをリアルタイムで確認することができる
  • チャートを見ることにだけ集中すればOK!
  • 経済に関する知識が0でもOK!

情報の信頼性が高い

チャート分析は、「過去のデータ」に基づいた指標を見て分析する手法ですので、信頼性が高いと言えます。
誰がいつ見ても同じ情報でチャート化されているので、正確な情報として捉えられることができます。

相場の動きをリアルタイムで確認することができる

チャートはリアルタイムで更新し続けられていますので、
相場の動きをリアルタイムで知ることができます!
株価チャートは、情報を得るスピードにタイムラグがありません。
個人投資家全員平等に情報を得ることができるということですね。

チャートを見ることにだけ集中すればOK!

株価の分析方法には、テクニカル分析(チャート分析のこと)ファンダメンタル分析のふたつあります。
ファンダメンタル分析は、ニュースや決裁書類など、たくさんの情報を見て今後の株価について分析する必要があります。
ですが、チャート分析であれば、株価チャートを見るだけで分析が可能ですので、チャートの見方さえ取得すればそれほど手間はかからないのです♪

経済に関する知識が0でもOK!

また、株価チャートの見方され分かれば、他の勉強をする必要はほぼありませんので、
経済に関することや、決裁書類の見方など、多くの知識を得る手間も省けます!!

チャート分析のデメリット

  • 情報が多いので騙されやすい
  • 手法がたくさんあって、実際に使用しないものも多くある
  • 期待値を考慮したトレードは行いづらい

情報が多いので騙されやすい

株価チャートの見方、といっても株価チャートにはたくさんの指標や、機能が備わっています。
自分にとって必要な情報がどれかをキチンと把握しないと情報過多になって、迷う原因となります。
株価チャートを見る上で必要だと思う情報はキチンと整理しておくことが大切です。

手法がたくさんあって、実際に使用しないものも多くある

チャート分析には、手法がたくさんあります。
ですが、実際にはすべてを使用するわけではなく、自分にあったものを見つける必要があります。
株の初心者の方が、チャート分析について勉強していく中で、自分にあったトレード手法を見つけるのは中々大変なので、そこにたどり着くまでに苦労する可能性があります。

期待値を考慮したトレードは行いづらい

ファンダメンタル分析では、企業の今後の将来性に向けて投資を行うことがほとんどですが、チャート分析ではそういった投資方法は行いづらいです。
チャート分析は過去のデータをもとに集計されたものなので、今後に将来性に期待して投資を行うことは難しいのです。

チャート分析の基本①トレンド系とオシレーター系について

チャートの画像

次は、実際のチャート分析の種類やチャートの読み方について説明していきます!
チャートのパターンの説明から、移動平均線など。
基礎的な知識について簡単に解説します♪

ブタさん

チャート分析の方法は無数にありますが
大きく分けて「トレンド系(順張り)」「オシレーター系(逆張り)」の二つに分かれます。
ざっくり説明すると、トレンド系は「株価が上昇しているか下降しているか」、オシレーター系は「株価が買われすぎか売られすぎか」を判断する指標です。
全般的に言えますが、指標は利益を出す為のものではなく、損失を防ぐために使います。

チャート分析の基本②ローソク足について知ろう!

ローソク足がいっぱいある画像

まず、ローソク足について説明していきます。
ローソク足は株価の情報を表した指標のひとつです。
ローソク足を理解することで、株価に関する情報を沢山得ることができます。

ここからは、ローソク足が示す基礎的な情報について説明していきます♪

ローソク足が示す4つの情報

ローソク足には、表示する条件がいくつかあります。
これは、実際に株価チャートを使用する際に、切り替えできる機能がついています!

    ローソク足の4つの表示条件

  • 日足…ローソク一本で1日の値動きを表す
  • 週足…ローソク一本で1週間の値動き
  • 月足…ローソク一本で1か月の値動き
  • 年足…ローソク一本で1年の値動き
他にも、5分足や、1分足といった、分刻みの値動きを表す変則型のものもあります!!

ブタさん

また、ローソク足からは、4つの値動きを読みとることができます。
一つ一つについて説明していきますね♪
ローソク足の図

白いローソク足は「陽線」、黒いローソク足は「陰線」と呼ばれています。
陽線は、一日を通して株価が上昇したということを表していて、
陰線は、一日を通して株価が下がったということを表しています。
また、ローソク足の実体(四角)からはみ出ている線「ヒゲ」と呼びます。

    ローソク足の価格の見方について

  • 始値…一定期間の最初についた価格を表しています。
  • 終値…一定期間の最後についた価格を表しています。
  • 高値…一定期間で一番高かった価格を表しています。
  • 安値…一定期間で一番安かった価格を表しています。

まず、ローソク足の基礎的な知識は上記の通りです。
ローソク足がどんな情報を示しているかを理解し、
チャート分析に活かしていきましょうね!

チャート分析の基本③移動平均線について

移動平均線の画像

次に、移動平均線について説明していきます!
移動平均線とは、一定期間の株価の終値の平均値をグラフ化したものです。
トレンド分析の代表的な指標の一つ!

移動平均線の動きを理解することで、株の今後の方向性を予測することができます。
移動平均線が右肩上がりの場合は、上昇トレンド
右肩下がりなら、下降トレンドと判断します。

トレンドとは、株価が全体的に一定の方向へ向かっていることを言います。
上昇トレンドの場合は、株価は上下することはあるが、全体として上昇していると解釈します。

ブタさん

移動平均線は、5日、25日、75日、100日、200日など、短期から長期まで様々な期間の平均線を確認することができます!

移動平均線についてはコチラの記事も参考にしてみてください♪

複数の移動平均線の組みあわせて、株価のサインを見抜こう!

複数の移動平均線が重なった部分を「クロス」と言います。
複数の期間の移動平均線をクロスを見れば、その株が「買い」なのか、「売り」なのかを見抜くことができます。
今回はその中でも抑えておきたいクロスのサイン2つをご紹介します!

ゴールデンクロスについて

ゴールデンクロスのイメージイラスト

ゴールデンクロスは、「買い」のサインとされています。
期間の短い線が、期間の長い線を上に突き抜けることを言います。

デットクロスについて

デッドクロスのイメージイラスト

デッドクロス「売り」のサインです。
期間の短い線が、期間の長い線を下に突き抜けることを言います。

移動平均線を利用した投資手法「グランビルの法則」

次に移動平均線を利用した、チャート分析の投資手法のひとつ「グランビルの法則」について説明していきます。
「グランビルの法則」は、株価と移動平均線を組み合わせて売買のサインを読み取る方法です。
「グランビルの法則」には8つのサインがありますので、
こちらを抑えておくと良いでしょう!

    「買い」のサイン4つ

  1. 移動平均線が上向き、もしくは横ばい。株価もを向いていて、株価が移動平均線を下から上に抜けたとき
  2. 移動平均線が上昇を保っているときに、株価が平均線をに抜いたとき。
  3. 株価が移動平均線を上回っていたところで株価が下がってきたが、移動平均線を下に抜くことなく再び上に向いたとき。
  4. 下降し続ける移動平均線を、株価がに抜いて、さらに株価が大きく下降したとき。
    「売り」のサイン4つ

  1. 移動平均線が下向き、もしくは横ばいしているときに株価が移動平均線を下に抜いたとき
  2. 移動平均線が下降しているときに、株価が平均線をに抜いたとき
  3. 移動平均線を下回っていた株価が上昇したが、移動平均線を抜けずにさらに下降したとき
  4. 上がり続ける移動平均線を株価が上に抜いて、さらに大きく上にあがったとき。
まずは「グランビルの法則」を見ながら、
株価の動きと照らし合わせてみてもいいかもしれませんね!

ブタさん

チャート分析の基本④RSIについて

RSIのグラフ

次に、チャート分析の基本である、RSIについてご説明していきます!
RSIは、「Relative Strength Index(相対力指数)」の略で、オシレーター分析の代表的な指標のひとつです。
RSIでは、一定の期間で株価がどれだけ変動したかを確認することができ、その割合で、株の買われすぎ、売られすぎを判断することができます。

上のチャートの下半分の青い線が「RSI」です!!

ブタさん

RSIの値で売買のサインを把握しよう!

RSIの値は、0~100%で表示されます!
値が0%に近づけば、「株が売られすぎている」と判断することができ、今後株価が上がるだろうと予測されます。
値が100%に近づけば「株が買われすぎている」と判断することができ、今後株価が下がるだろうと予測できます。

一般的なRSIの売買の基準について

RSIが50%以上なら「売り」、50%以下なら「買い」と判断しても問題ありませんが、
一般的な投資家の基準3パターンについてご紹介しますので、
こちらも参考にしてみてくださいね!

    一般的なRSIの売買の基準3パターン

  1. RSIの値が80%以上は「買われすぎ」(売り)、20%以下なら「売られすぎ」(買い)
  2. RSIの値が75%以上は「買われすぎ」(売り)、25%以下なら「売られすぎ」(買い)
  3. RSIの値が70%以上は「買われすぎ」(売り)、30%以下なら「売られすぎ」(買い)

まとめ

今回は、チャート分析の基本と、基礎知識について説明しました!
チャート分析には、まだまだ沢山の手法があります。
チャート分析について詳しく学ぶ第一歩として、この記事を読んでいただけると嬉しいです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメントを残す