株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

株の初心者におすすめの本

初心者が株を勉強する場合、まず最初に「本を読もう」と思う方は多いのではないでしょうか。
ただ、入門書の中には、初心者の実践に置いて必要のない知識まで書かれているものも多くあります。
本によっては「本の内容がまったく役に立たなかった!」となることも!
本の選び方次第で、知識を得る効果は大きく変わります。
つまり、本の選び方を知っている事は、実はすごく重要なんです。
ここでは、本を選ぶ際の3つのポイントと初心者部のオススメ本3冊についてご紹介していきます!

株の初心者が本を選ぶときに注意すること

本のしおりのイメージ
株の初心者が株の本を選ぶときの注意点を解説します。
何から手を付けたらいいのか分からないという人は、まずこちらをチェックしてみてください!

何でもかんでも知識を増やそうとしない

株の初心者は、「とにかく株の知識を得たい!」と思ってる方が多くいらっしゃいます。
株の知識を得ること自体はとても良いことですが、
「まず何から始めればいいか分からない」という壁にぶち当たる方が多いのです。
その結果、知識を何でもかんでもインプットして、手に入れた知識を体系化出来なくなってしまいます。

また覚えた知識が紐付け出来ずに、1つ1つが中途半端のままで増えていってしまうケースが非常に多くみられます。
ベテランならともかく、初心者がたくさんの利益に直結しない情報や知識を身に付けても、実際の取引に活かしずらいですよね。

株を勉強する上で、「知識を得る」ことが最終目標ではありません。
本来の目的は、「株取引で利益を出す」ことだと思います!

よく分からないうちから、あれこれいろんな本に手を出すのは時間がもったいないことになりかねません。
ここからは、「株取引で利益を出す為」に必要な知識だけを得るための「重要な3つのポイント」について紹介していきます♪

初心者が株を勉強する際に覚えること3つ!

3つのイメージ
まず、株の初心者が勉強する際に読んでほしい本の種類は以下の3つです。

 

  1. 株の全体像を勉強出来る本
  2. 株で利益を出す方法を勉強出来る本
  3. 投資全般に通ずる内容が書かれている本
それでは、一つ一つについて説明していきます。

株の初心者が参考にするべき本①株の全体像を勉強出来る本

株の全体像を知るというのは、簡単に言うと「株で利益をだすってどうやるの?」ということをざっくり知るということです。
株がそもそも何のためにあって、どんな仕組みで利益が出るのかなどを知ることが大切です。

株の初心者が参考にするべき本②株で利益を出す方法を勉強出来る本

次に初心者の方に読んでいただきたいのは、「株で利益を出す方法」について書かれた本ですね。
いわゆる初心者入門書などよりも、「トレーダーの実体験」が書かれている本などがおすすめです。
特に、「損失コントロール」についての実体験は、初心者にとって、とてもためになる内容です。
「損失コントロール」とは、株での損失を最小限に抑えることをさします。

また、トレーダーの経験がある方で、トレーダーとして成功した人…いわゆる「勝ち組トレーダー」が執筆している本は大変おすすめです。
そういう本には、「私も昔は損失コントロールが出来ずに失敗して・・・」という風な実体験が書かれていることが多いんです。

損失コントロールが出来ない悪い取引の方法、コントロールが出来る良い取引の方法が両方書かれていれば申し分ありません。

株の初心者が参考にするべき本③投資全般に通ずる内容が書かれている本

最後に、株だけじゃなく「日経平均先物」のことも書かれている本を参考にするのもオススメです。

株以外にも投資商品の種類はたくさんあります。
そのうちの一つが「日経平均先物」です
他の投資商品のことが書かれた本を読むことで、投資商品全般に取り組むときの心構え、投資全般に言える内容を知ることができます。

先ほど、「株は利益が100%出る訳じゃない」「知らないと大損も簡単にしてしまう」ということを書きましたが、
これこそまさに「投資全般に言えること」です!

株だけじゃなく、投資全般に言える内容を理解するということは、投資家としての大きなレベルアップに繋がることを覚えておきましょう!

株の初心者におすすめの本を紹介!

これまで解説した注意点を踏まえて、初心者に参考にしてほしい本を3冊紹介したいと思います!
本棚

初心者ほど儲かる 株をGAMEにする3つの仕組み


(参考:amazon.co.jp
損失を最小にして利益を積み上げる方法について特化した1冊です。
初心者でもサクサク読めるので、入門書の1つとしてぜひ読んで下さい!
特に早い人は1~2時間もあれば読むことができ、利益の出し方のイメージをつかむ事ができます。
立ち読みでも良いから「株が楽しいもので、利益が出せるもの」だと知ってほしいという思いで執筆されたという本書。
余計な事は書いていないので、速攻で読めてしまいます。
テクニカル分析の基本、初心者が利益をだすためのノウハウが、この本に詰まっています。
※こちらの本はサイト運営者が執筆した本です

いちばんカンタン!株の超入門書


(参考:amazon.co.jp

株の全体像を詳細に把握するにはピッタリの1冊です。
初心者が読むために書かれた本なので、順番を間違えることなく知識を増やしていけますよ!大体の知識はこの本でまかなえると思います。
カラーの図解やイラスト、4コマ漫画もたくさん織り交ぜられているので、楽しく自分のペースで勉強出来ます。

投資の王道


(参考:amazon.co.jp

投資の本質がしっかり体系的にまとめられた1冊で、少し難しく深い本です。
主にテクニカル分析についての知識がまとめられているので、トレーダーにとって、いわば「バイブル」のような1冊でしょう。繰り返し繰り返し読んでほしい本です。
投資の王道、その神髄が書かれている良書です。
この本の場合、どちらかと言うと、「チャート分析テクニックの幅がグッと広がる1冊」といった感じです。トレーダーとしてレベルアップできる本であることは間違いありません。

まとめ

今回紹介したように、株の初心者は
「株の全体像」、「利益を出す方法」、「投資全般に言えること」
この3つが分かる本を読めば間違いありません!
そして何より重要なのは、「読みやすい本」を最初に読むこと。
勉強の段階で、利益を出す事から離れてしまわないための工夫です。
そしてサクッとトレードのイメージを掴んでしまう事が重要です。まずは全体イメージをしっかり持って、そこから深堀していく本の読み方をしてください!

今回紹介した本を参考に、株の知識を無理なく、無駄なく身に付けましょう!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください