株の初心者へお届けする便利な情報サイトです!

酒田五法を株価の上限値と下限値を活用して見極める

皆さんは、酒田五法というロウソク足チャートの分析方法があるという事をご存知ですか。
酒田五法は日本発祥の分析方法で、江戸時代に相場師の本間宗久によって考案されました。
酒田五法には「三山」や「三川」、「三空」、「三兵」、「三法」という5つの方法がありますが、今回は三山と三川について詳しくご説明します。

三山は株価の上限を見極めるのに有用


「三山(さんざん)」は別名「トリプルトップ」と呼ばれるように、チャートの形が3つの山のようになった状態を言います。

基本的に相場は上昇したり下落したりということを繰り返して「波」のような形を描くように変動します。
その中でも株価が上昇できる限界が存在し、その限界を「天井」と言います。
三山における考え方は、株価がどこまで上昇するのか予測し、相場の天井を予測する際に有用なのです。

具体的には、三回株価が上昇してできた山の中で最も高値になったところを上値抵抗線(相場の天井)と仮定し、相場が天井を抜くことは無いという判断が出来らならば、株式を売るというような手順を踏みます。
つまり、株価が仮定した天井に近づいたら、この後は上昇から下落に転じていくと予想し、売りのタイミングを計ることが出来るのです。

特に3つの山のうち真ん中が最も高くなる場合を「三尊天井」と言います。
三尊に関しても考え方は三山と同じです。

また、実際には山が3つできるようなことは頻繁に起こるわけではありません。
このため、「山が2つ出来た時点の天井が上値抵抗線となる確率が高い」とする考え方が世界に広まっています。
この考え方を「ダブルトップ」といいます。

三川は株価の下限を見極めるのに有用

「三川(さんせん)」は三山の対比関係にあるので、株価の下限を見極める際に役立ちます。
三川では、株価が下落し底割れが起こらずに3つの谷を作った場合、その値を下値支持線として想定します。
その後は株価が反転して上昇していくという想定のもとに下値支持線、つまり「底」を買い時だと判断することが出来ます。

つまり、三川とは三山と同じような考え方が根底にあり、株価の底を想定することで株式の買い時を見極める際の判断基準になるのです。
三川は「トリプルボトム」、または「ヘッドアンドショルダーズボトム」といいます。

更に、三川のように安値が3つ出来づらいので、2つの谷ができた場合でも底になる確率が高いとする考え方も世界に広まっています。
この考え方を三山の場合と同じように「ダブルボトム」と言います。

三川では底を見極めてから買うことが出来るので買ってから株価がさらに下落することは避けることが出来ます。
また、3つの谷のうち真ん中の谷が最安で底となる場合は「逆三尊」といいます。

まとめ

三山と三川は、それぞれ株価の上限と下限を、過去数日間のロウソク足の推移から見極める時に有用な分析方法です。
それによって最大限の利益を出せる売り時、最大限の利益を期待できる買い時を十分に吟味したうえで取引をすることが出来ます。
三山と三川は酒田五法の中でも基本的、かつ分かりやすい分析方法なので、ロウソク足チャートを使って楽に相場展開を想定したいという人は初めにこの二つを習得してみましょう。